グランピングテント購入のおすすめは?「買うならこれ」の人気商品紹介!

グランピングテントと言えば施設の常設やレンタルを使うイメージですが、自前で購入する方も増えています。自前テントならオリジナリティにあふれたグランピングができるのが最大の魅力!今回はグランピングテントを購入するならというテーマでおすすめ商品をご紹介していきます。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

贅沢キャンプ「グランピング」のカギを握るテント

bhossfeld / Pixabay

グランピングテントはその快適さから自分で購入する人も増えており、贅沢キャンプを極めようとする人も増えています。そんなテントですが、贅沢さや豪華さを求めるならばキャンプのマストアイテムだからこそ、現実的な利用方法を抑えておかなければなりません。

手軽に楽しむなら施設の常設・レンタルテント

Free-Photos / Pixabay

購入者が増えている一方でまだまだ自前の物を持つには至らない人、荷物の兼ね合いで持てない人は多くいます。そんな人には施設の常設の物を使うかレンタルを通じて使用するほうが最も手軽で楽しめる手段といえるでしょう。

常設であれば組み立てる手間も必要ありません。グランピングテントはどうしても大型モデルが多く組み立ても小さいサイズのテントに比べると一人でするには大変です。これらの問題を解決してくれるのが常設のいいところです。またレンタルの場合であれば、常設の施設でなくても組み立ててもらえるメリットもあります。

オリジナルで楽しむなら思い切って自前で購入

Pexels / Pixabay

レンタルや常設のところを利用することで贅沢なキャンプを楽しむ方法もありますが、やはりキャンプ好きの方であれば、いつかは自分で所有したいという希望を持っている人は多いでしょう。確かに自前で購入してしまえば、オリジナル性を出すことができます。

レンタルや常設施設ではできない無茶な使い方やアレンジを加えて使用寳保なども試すことができますし購入したほうが個性的な使い方ができることは確かです。大切に使っていけばすぐに壊れることもありませんし、思い切って購入するのも一つの良い手段です。

グランピングテント購入ステップ①特徴をチェック

12019 / Pixabay

グランピングテントの実際の購入にあたってチェックすべきポイントを紹介していきましょう。何も情報がない状態から購入を決断するのは早いです。テントといっても沢山あり、あまり聴き慣れないメーカーや機能性までいろいろとあります。細かく情報を把握したうえでベストなものを選んでいくようにしましょう。

内部の居住空間が広いこと!

Free-Photos / Pixabay

他のテントとは違い、最たる特徴が内部の居住空間が広いことです。一度でもグランピングを経験したことのある人であればわかると思いますが、内部の空間と贅沢な使い方は他のテントとではまねできません。広々とした空間があるので、自由な使い方ができるのです。ホテルと比べても豪華さに負けないモデルもあります。

例えばテントの中にベッドを置いたり、装飾にこだわって家族や友人を招いて一つのリビングの様に使うこともできます。生活空間そのままをテント内に持ってくることも不可能ではありません。また、天井も高いモデルが多数あるので、広々とした空間と相まって圧迫感も一切感じることはありません。

出入り口や開口部が大きいこと!

Free-Photos / Pixabay

人が出入りする際に最も煩わしいのが出口がせまいこと。大型テントであれば出入り口の圧迫感など一切なく開口部が広いのスムーズな人やモノの出し入れを可能とします。ものを運び込むにも開口部が狭いと億劫となってしまいます。大型の家具となるとなおさらです。

また、大型テントを拠点のような使い方をするのであれば、スムーズな人の出入りがあるからこそみんなが集まりたくなるというもの。開口部が大きいとこの人の出入りにも大いに役立ってくれます。その存在感も大きなテントではありますが、開口部といった機能性もが高いことも大きなポイントです。

人気はおしゃれな白&コットン素材!

Free-Photos / Pixabay

人気の商品を紹介する前に、近年の人気モデルの傾向を紹介しましょう。近年人気傾向にあるのは、おしゃれな白色を基調にしたアイテムです。きれいな白色はテントサイトで個性的で、大型なのでその存在感も相まって非常に雰囲気がいいです。また、内部も白色を基調にしているので、落ち着いてくつろげる点も大きな魅力のようです。さらに、コットン素材に注目を集めています。

ポリコットン性の大型テントは耐火性を持ち合わせており、室内での焚き火すらも可能としてしまう性能を有しています。広い室内があって、数人で集まっていれば焚き火をしたくなることもあるでしょう。しかし素材によっては燃え移る危険性があります。そこでポリコットン性のモデルを選べば火災のリスクも少なく、大勢で同じ火を囲めるようになるのです。

グランピングテント購入ステップ②形の違いをチェック

NEXT グランピングテント購入ステップ②形の違いをチェック