リトリーブをマスターしよう!初心者にもわかるリトリーブ

「リトリーブ」はリールを巻いてルアーを泳がせる基本操作で、「ただ巻き」とも呼ばれます。リールを巻くだけの操作とは言っても奥が深く、場面に応じて使い分けることができれば釣果に直結します。事前にリトリーブのことを知っておいて損はありません!

この記事をかいた人

リトリーブ(=ただ巻き)ってそもそもナニ?

リトリーブには2つの意味があります

釣り用語のリトリーブには次の意味があります:(1)「リールを巻いてルアーを手元へ引き寄せる操作」および(2)「(1)の動作によってルアーが生きているように泳いで見える様子」。この記事では、リトリーブを(1)の操作を指す言葉として使用します。

ただ巻きの意味

ただ巻きは一般に、リトリーブの(1)と同じ意味で使われます。以下、この記事では読みやすさのために呼称を「リトリーブ」に統一して記載しますが、「リトリーブ(ただ巻き)」と書かれているものとしてお読みください。

リトリーブは、ルアーフィッシングをするなら避けては通れません

当たりが出るまで、ルアーを投げる「キャスティング」とルアーを回収する操作でもある「リトリーブ」を何度も繰り返すことになります。「シャッド」と呼ばれる上級者向けのルアーを使う場合には、リールだけでなくロッドの動きを駆使する必要が出てきます。

リトリーブの基本は、一定のスピードで巻くこと

基本となる「ステディリトリーブ」

一定のスピードでルアーを泳がせるリトリーブを「ステディリトリーブ」と呼び、これがリトリーブの基本になります!一定のスピードでルアーを泳がせるためにはどうすればいいか?一定のスピードでリールを巻けばよいのです。この時、魚がルアーを本物のエサと勘違いにするように、ルアーに生き物のような動きを与えることをイメージしましょう。

一定のスピードを意識するだけでも生きているように見えます

「生き物のように見せるなら不規則に動かしたほうがいいのでは?」と思われたなら、それも無理はありません。しかし、水中には水の流れがあるため、意識的に不規則な動きを作らなくても、流れの作用でルアーが勝手に不規則な動きをします。ですので「ルアーを一定速度で泳がせる」ことに集中すれば十分なようです。

リトリーブのスピードを、ルアーの特徴に合わせよう

早さに応じたリトリーブの種類

リトリーブはルアーの泳ぐスピードに応じた種類があり、早いものからファストリトリーブ、ミディアムリトリーブ、スローリトリーブ、また、止まっているぐらいゆっくりなものをデッドリトリーブと呼びます。

ソフトルアーに適したスピード

ソフトルアー(ワーム)に適したスピードはデッドスローやスローだと言われています。というのもソフトルアーが姿を模しているベイト(エサ)であるミミズやエビが水底をゆっくりと動いているためです。

ハードルアーに適したスピード

また、ハードルアーはものによって適したスピードが異なるので、よく確認しましょう。確認の方法としては、明るいところでキャスティングをして、実際にリトリーブしながらルアーの動きを観察するのが一番のようです。

ルアーに適さないスピードでリトリーブすると…

NEXT ルアーに適さないスピードでリトリーブすると…