冬のキャンプを楽しく快適にする 冬用テントおすすめ15選と必要アイテム!

冬キャンプは寒さのため敬遠されがちですが、防寒さえクリアーすれば、冬のキャンプでなければ経験できない楽しさがたくさんあり、魅力いっぱいです。寒さをしのぎ生活を快適にする冬用テントの選び方とおすすすめテントと必要アイテムを紹介します。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

冬キャンプの魅力は何?

キャンプは季節通して楽しいアウトドアですが、どちらかというと夏の時期をメインインしている人も多いでしょう。しかし、実は冬だからこその魅力があるとご存知でしょうか。

魅力のその① 夜空の星の美しさを満喫できる

冬キャンプの魅力を紹介していきましょう。寒い時期だからこそ味わえる魅力があります。その一つが、満天の星空を満喫できるということです。星は空気が澄んでいないとよく見ることはできません。

冬の時期であれば、気温が低く空気が澄んでいるので良く星空が見えるのです。夜にテントを広げ、外は寒いですが焚き火などをしながらゆっくりと星空を見え上げると満点の星があなたを迎えて入れてくれます。

魅力のその② 冬しかできないアクティビティを楽しむ

冬にしかできないアクティビティがることもお忘れなく。夏には夏のスポーツやアクティビティがありますが、冬だからこそ味わえるアクティビティがあります。例えばスキーやスノボーもその一つです。

雪山で味わうスポーツはきれいな形式と爽快感があり非常に楽しいものです。また、キャンプイベントなどで行けば、スムーズにキャンプとアクティビティを楽しめますし、子供も満足できること間違いなし。家族におすすめできます。

冬のいろいろな暖の取り方を堪能する

冬のキャンプで難点はその寒さにありますが、寒さをしのぐために暖を取る方法すらも楽しみの一つです。着込んで暖を取るのか、焚き火をして暖を取るのか、ストーブなどを使用するのかといった色々な方法があります。

これらの方法は冬キャンプならではですし、同時に調理を楽しめるアウトドアギアもあります。これらの道具を使って寒さをしのいで暖を取ることも楽しみの一つといえるでしょう。

冬用テントの選び方と留意点

冬キャンプに用いるアイテムで必須なものがテント。寒さや場合によっては旧名雪などをしのぐためにも必要となるアイテムです。しかし、商品も沢山あり、どれを選んでいいものか迷う人も多いでしょう。選び方のポイントを紹介します。

一人用冬用テントの場合

一人用テントの場合、その広さはソロキャンプ用なのでかなりコンパクトさが要求されるでしょう。荷物を最低限しか持ち運べなケースもあります。

こういったシーンい対応できるようにソロキャンプの中でもとくにコンパクトモデルである必要があります。さらに、テントには当然ながら寒さに与えられる構造を有している必要があります。

Huskyherz / Pixabay

室内で暖を取るのであれば空位の入れ替えのできる通気性のいいモデルにする必要がありますし、雪や雨などで使える防水性も必要です。またそれでいて、一人用として使用しても快適な広さもほしいところです。

防寒具や荷物でテント内が窮屈になり、寝るスペースやくつろぐスペースがほとんどないなんて状況にはなりたくないものです。

選び方

具体的に選び方のポイントを整理していきましょう。一人用の場合、まずはシングルウォールかダブルウォールかが重要になります。シングルウォールであればテント本体のみでかさばりません。

しかし防水性などを求めるのであればダブルウォールがおすすめ。特に冬は雪の恐れもあるのでダブルウォールの方が安心感は高いです。荷物を置くスペースを作れるといった利点もあります。

次に当然冬の厳しい寒さにも耐えることのできる点でなければなりません。春や秋の快適な時期に行うテントでは、基本的な構造が異なるので寒さに備えた機能を有していません。オールシーズン対応モデルか冬シーズン特化のものを選ぶ必要があります。

また、通気性にも注目しましょう。冬のキャンプではコンパクトな焚き火や調理をすることもあるでしょう。その際にテントの中で行うシーンもあると思います。その場合、通気性の悪いテント内での作業は当然命の危険につながります。

テント内調理などを予定しているのであれば、室内を快適にするためにもより通気性に気を付けましょう。

留意点

一人用の場合留意しておくべきポイントは、室内の広さです。冬用となると比較的荷物量が多くなりがち。荷物を置くだけでテント内がいっぱいになり窮屈でゆったりと寝れないといった事もあります。

また、室内での焚き火や調理を検討しているのであれば、なおさらその作業に合わせて選ぶ必要があります。テント内作業にふさわしいモデルでないと、通気性の問題で命の危険もあるからです。

二人用冬用テントの場合

NEXT 二人用冬用テントの場合