表札を手作りしよう!木製・タイルなどの材料別アイデア&100均の活用方法

家の顔にもなる表札は、おしゃれに手作りしてオリジナリティを出しましょう!人気の木製表札やタイルを使ったアレンジ、100円ショップを活用した方法など、手作り表札の作り方やアイデアをご紹介します。様々な方法をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

この記事をかいた人

観葉植物を育てることにはまっています。いつか世界一周したいと常に頭の隅で考えています。

表札を手作りする意味は?

Didgeman / Pixabay

家の中の家具のデザインはこだわっているのに表札はこだわりなしの方や、自分の家の表札が何色でどのようなフォントを使っているか覚えていない方はいませんか?家に訪れる人や、家の前を通る人は表札を見てどのような人が住んでいるのかイメージします。つまり表札は第一印象を決める大きな1つのポイントになります。

表札は「家の顔」

ポップな表札であれば元気そうなイメージ、シックな表札であればかっこいいイメージを持ちませんか?表札はその家に住んでいる住人の人柄を表すと言ってもいいでしょう。せっかく表札を飾るのであれば良い印象を周りから持たれるような表札にしたいですよね。

表札をお店で注文すると高い

kschneider2991 / Pixabay

表札は人によって名前が違うため、意外と高いものです。専門店で注文すると3万5千円~1万円くらいになります。安いものだと近所の人とデザインが被ってしまったりと個性を表現することが出来ません。それに対し、手作りすると周りとデザインが被ることがなく千円でも十分良いものを作ることが出来ます。

風水からみた表札の効果

RyanMcGuire / Pixabay

運気を上げたいから色々と部屋の家具の配置を変えてみたりしたことのある方は多いと思います。風水の面からみると表札は大事な部分の1つになります。表札を変えるだけで大きな運気アップにつながるかもしれません。

表札がないだけでその家の人に運気は来ない

cocoparisienne / Pixabay

良い運気は玄関から入ってきます。しかし表札がないことでこの家は人が住んでいないとみなされ、なんと良い運気が入ってこないと言われているのです。表札はそこに名前の書いてある人たちに運気を運んでくださいというアピールでもあるのです。

外観と表札のデザインは釣り合っているか

Free-Photos / Pixabay

家の外観と表札がそれぞれ違う雰囲気のものになっていると運気が不安定になると言われています。昔ながらの和風な家に住んでいる方なら木製の土台に漢字で縦書きの表札を使うことが1番運気が上がると言われています。洋風の家に住んでいるならもちろん木製に漢字で書いてあったら不釣り合いになるでしょう。

その他の風水に関する記事はこちら

表札を手作りする準備

TeroVesalainen / Pixabay

何事も準備が結果につながってきます。きちんと準備をした人はしっかり自分が想像していた通りの物を作ることが出来るでしょう。せっかく作るならしっかりとした良いものを作りたいですよね。これを参考に一緒に準備をしていきましょう。

STEP1. 取り付け場所・サイズを決める

NEXT STEP1. 取り付け場所・サイズを決める