シーバスの夜の釣り方のコツを大公開!これを読んで1匹を手にしよう

シーバスの釣り方!夜のコツ①メインタックルの選び方

シーバスナイトゲームをより充実させ、釣果を得るためには、メインタックルである使い勝手の良いロッドやリ-ル、釣り場や天候などに応じたルア-、そして掛かった魚を確実に掬うランディングネットが必要です。その選び方が釣りを左右します。

シーバスロッド

どこを釣りフィールドにするかにもよりますが、ロッドは汎用性が高く、いろいろな場所で使用できる長さが9フィート前後で、河口や堤防、磯など幅広いところで使えてキャストしてルアーの飛距離ができるだけ稼げるものを選ぶと良いでしょう。硬さ(パワー)は、ミディアムライト(ML)~ミディアム(M)のものをセレクトすると、この釣りで使うほとんどルアーを投げることができます。

シーバスリール

この釣りでは、スピニングとベイトの2種類リールを使います。スピニングリールは、投げやすく初心者の方は特に安心して使え、釣り場に関係なく万能のリールです。ベイトリールは、ルアーをキャストするのに手返しが良く、力強い魚のファイトに対応でき楽しめますが、バックラッシュなどのトラブルがあるのが難点です。経験を積み、ある程度の慣れが必要になります。

一般的にスピニングタイプでは、2500~3000番台が使われ、装てんするロッドとのバランスを考えて、スプールの巻量はPEライン1号、200メートル以上が目安です。最大ドラグ力は6キロ前後あれば良いでしょう。

シーバスルアー

シーバス釣りでは、数多くの中で主に下記の6種類のルアーが使用されています。基本的なルアーであるミノープラグとバイブレ-ション、更にそれを補完するリップレスミノーやシンキングペンシル、トップウォータープラグ、そしてワームです。それぞの特徴について紹介します。

シーバスで基本的に使われるミノープラグ

ミノープラグには、フローティング(浮く)と、シンキング(沈む)の二つのタイプに分けられます。前者は水に浮くように、後者は沈むようにそれぞれなっています。この二つのタイプを釣り場のレンジによって使い分けます。

バイブレーションもよく使われる基本のルアー

このルア-は、上記のミノーと比べると扁平になっているルアーなので、向かい風に強くたやすく遠投することができます。更にシンキングタイプなので、浅場から深場までの全てのレンジをクリアーできます。

飛距離がでるリップレスミノー

このルアーは、名称のとおりリップがないので、ミノープラグよりもキャスト飛距離が出やすく、その泳ぎはおとなしい感じですが、上記で説明した二つのルアーを使用しても釣れない時に使ってみるのもよいでしょう。

飛距離が出て深場を狙えるシンキングペンシル

シンキングペンシルは、ミノープラグにくらべて投げた時の飛距離が出しやすく、しかも、よく沈むので、さらに深いレンジを狙うことができます。ルアーアクションが弱いのも一つの特徴です。

水面間近を引くトップウォータープラグ

このルアーは、水面または水面直下を引くことができます。シーバスは水面に近いところで活発に捕食している場合があります。そんな時に有効的で、季節には関係なく1本だけ持っていると便利です。

ソフトルアーのワームも効果的

先に説明したハードルアーと違い柔らかい素材できているソフトルアーです。ワームは上記のルアーで釣れない時に使ってみると効果があります。また、エサにゴカイを使う時に代わりによく使われるルアーです。

NEXT ランディングネット