夜釣りをルアーで!タチウオやシーバスにおすすめなアイテムをご紹介!

目次

暑い夏こそ夜釣りが楽しめる

Couleur / Pixabay

近年では酷暑が続き、じっと獲物が掛かるのを待つ釣りは体力を奪います。魚も同じで暑い夏では水温も高くなり過ごしにくいため海の深くに移動します。

夜、水温が下がってくると水面近くを回遊し始めるので、人間にとっても涼みながら釣りが満喫できるため夏こそ夜釣りが楽しめるのです。

夜釣りの時間帯

rkarkowski / Pixabay

基本的に日没後から日の出までを夜釣りと言います。釣れやすい時間帯は潮の動きに合わせることです。潮の動きがチャックできるサイトがありますので、検索をし出かけましょう。

全国の潮の動きの詳細はこちらです。

夜釣りを楽しむために注意すること

KRiemer / Pixabay

夜は周りが暗く足元が見えにくいです。そのため昼間よりも危険を伴います。釣り慣れた場所でも何が起きるかわからないのがアウトドアです。

持っていると安心な道具

街灯が照っているものの、周りは暗いです。懐中電灯のような手元を明るくする道具があると安心ですが、手を使って楽しむ釣りの妨げになるので、ヘッドライトがあると便利です。

ヘッドライトについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

周りの釣り人への配慮も大切に

Free-Photos / Pixabay

明るく照らすことは安全のためにも重要なことですが、明るすぎて周りの釣り人に眩しがられない配慮も大切です。自分の目的に合ったライト選びも釣りを楽しむためのマナーです。

足元に注意

夜では地面と海との境目がわかりにくくなりますので、十分注意しましょう。岩場へ行く際は、一層足場が不安定になっていますので、慎重に進んでいきましょう。

ライフジャケットで万全に

万が一足を踏み外して海に落ちてしまってもいいように、ライフジャケットを身に着けて夜釣りをしましょう。安全に楽しむことが一番大切です。自分を守るためのお守りとして身に付けましょう。

夜釣りをルアーで攻めよう!

pen_ash / Pixabay

夜釣りを楽しむためには、暗い中を照らす街灯付近の場所が釣果アップに繋がります。昼間とは違った警戒心の薄れた魚本来の活発な動きが見られるのも楽しみの一つとも言えます。

暗いので安全には十分注意をして夜釣りを楽しみましょう。

NEXT ブラックバスに関する記事はこちら