廃墟の女王「摩耶観光ホテル」|そこは美しい廃墟か恐怖の心霊スポットか?

神戸の人気観光スポット摩耶山にあり、心霊スポットと噂される摩耶観光ホテル。本当に心霊現象は見られるのか?廃墟ファンには外観の美しさもあって、廃墟の女王とも呼ばれています。現在廃墟としての保存プロジェクトが進行している摩耶観光ホテルの歴史や実態を紹介します。

この記事をかいた人

読んでくださりありがとうございます! 読みやすく、わかりやすい記事を提供できるよう頑張ります! 生暖かく見守ってくださると、有難いです!

摩耶観光ホテルの場所は?

マヤカンという愛称でも呼ばれる摩耶観光ホテルは、神戸北野偉人会館や、1千万ドルの夜景で有名な六甲山などがある、兵庫県神戸市に存在していたホテルです。神戸市の東にある灘区の区内に摩耶山と呼ばれる山があります。その山の中腹に1929年に建てられた建物で、有名な映画の撮影地にもなっています。

六甲山地の一角摩耶山

昔には、八州峰と呼んでいた摩耶山。八つの国を見渡せたその山は、標高702m。摩耶ロープウェイもありますが、摩耶古道があり、徒歩でも上ることが可能。兵庫県山岳連盟が定めた、ふるさと兵庫100山の山々の一つです。

登る方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

神戸市街地の眺望

山頂付近には掬星台があり、眺望がよく、星を手で掬ってしまえる程の星が見えたことから名づけられた展望台は、日本三大夜景に選ばれるほどの絶景で、一つの観光名所となっております。「ミシュラン・グリーンガイド兵庫Web版」の二つ星を獲得したことがあるほどです。

摩耶観光ホテル廃墟への歴史

1929年の開業当時は、4階建てL字型の建物。坪面積は700坪から750坪で、アールヌーボー風の洋風ホテルとして当時は売り出しました。崖からせり出した船のブリッジを想像して設計されたホテルは、大浴場や娯楽場、余興場なども用意され、「摩耶倶楽部」と健康ランドとして営業していました。

第1期ホテル時代

順調に見えたホテルの営業は、第2次世界大戦に直面します。1939年に開戦した当大戦で、1943年に軍用道路が敷かれました。1944年には摩耶ケーブルの営業が停止され、周辺地域が防衛施設へと変貌していきます。終戦時には営業していたと考えられています。

しかし終戦後「米軍の将校クラブ」という計画が持ち上がりました。その計画に従い、ホテルと周辺のケーブル等修理、改修工事が開始されました。にもかかわらず、一か月後にはそれらのプロジェクトが中止になり、ホテルは閉鎖に追い込まれました。

第2期ホテル時代

それから数年たった、1952年、摩耶山の観光地化計画が始まります。周辺地区は整備され、ロープウェイも営業を再開しますが、終戦前の賑わいは取り戻せませんでした。しかし1961年、親会社が変わり、5階建てに改装された摩耶観光ホテルが営業を再開。戦前の賑わいが戻ってきました。

1967年にまた、苦難が襲います。台風から温帯低気圧に変わった集中豪雨にみまわれ、土砂崩れが発生します。周辺地区に甚大な被害をもたらし、ロープウェイはもちろん、ホテルも被害を受け、またもや営業停止に追い込まれます。

学生センター時代

次に、日の目を浴びたのは、1974年です。ホテルの一部を、学生の合宿のために開放しました。その後、摩耶学生センターと改名したホテルは、閉鎖以前の調度品を使用した廃墟ホテルとして営業を再開します。

1970年代から1980年代にかけて、天上寺の焼失とともに、摩耶山の周辺施設は衰退していきました、学生センターは、またしても1980年代前半に、4階の厨房より火災という災難に見舞われたホテルは、1993年に管理者の体調不良で閉鎖されます。

廃墟の女王と呼ばれる摩耶観光ホテル

NEXT 廃墟の女王と呼ばれる摩耶観光ホテル