エンドリケリーの生態と飼育方法をご紹介!大きくする方法や餌のあげ方も!

エンドリケリーは非常に人気のある古代魚です。しかし、エンドリケリーを飼育している人が少ないため、飼育方法や餌のあげ方、寿命や価格についての情報が非常に少ないです。この記事からエンドリケリーについて徹底的に調べましょう。役立つ情報が満載です。

この記事をかいた人

読んでくださりありがとうございます! 読みやすく、わかりやすい記事を提供できるよう頑張ります! 生暖かく見守ってくださると、有難いです!

エンドリケリーとは?

古代魚でありながら、現在生育可能な大型熱帯魚のエンドリケリーはその固いうろこと、古代種らしい顔つきをしており、愛好家にとって欠かせない存在となってきました。一体どれだけの歴史を積み重ねてきたのでしょう?

デボン紀の古代魚

エンドリケリーはデボン紀より、地球に生息し始めた熱帯魚です。デボン紀は、古生代の中ごろの時代で、約4億1600万年~約3億5920万年前の時代を指します。この時期にも大量絶滅が発生しており、海洋生物の82%が絶滅しました。それ以降も大量絶滅はありましたが、それを生き残った生物です。

エンドリケリーの生息地域とは?

DarkWorkX / Pixabay

壮絶な生存競争の中を生き残り、今でも生育可能なエンドリケリーは、一体どこに住んでいるのでしょうか?生きた化石とも言われているエンドリケリーは、そこまで広い地域に分布しているわけではありません。

熱帯アフリカやナイル川、コンゴ川などに生息

KHGraf / Pixabay

エンドリケリーには種類があり、それぞれで生息域が違います。熱帯アフリカやナイル川、コンゴ川など、植物や生物の宝庫とも言われる熱帯地域に生息しています。現地に行って探すのはかなり困難な事と言えます。

熱帯魚や古代魚とは?

Free-Photos / Pixabay

すでにご存じの方が多いとは思いますが、熱帯魚とはどういったものなのかを説明します。もし知らない方がいれば、知っとくと別の熱帯魚を飼う際には役に立ちます。ご存知の方は復習にご活用ください。

熱帯魚

humming3578 / Pixabay

熱帯地域や亜熱帯に元々生息する魚全般を指します。代表的なのはグッピーやエンゼルフィッシュなどが有名です。鑑賞するにあたって美麗なものが好まれ、そういった種類も多いです。基本的に日本では水温を20~30℃にヒーターを使って温めた淡水に住まわせます。

熱帯地域のエジプトなどでは古くから飼われていましたが、1865年にアメリカに持ち込まれ「パラダイスフィッシュ」として紹介されました。日本には大正時代中期に持ち込まれ、技術発展して飼育が容易になった後1960年に熱帯ブームが起きました。

もし他の熱帯魚が気になる方はこちら!

古代魚

古代魚とは、化石でも発見されているにもかかわらず、現在でも生き残っている魚の総称です。つまりは熱帯魚に限らず、シーラカンスや、チョウザメなどもそれにあたります。個体数や生態域はそこまで広くありませんが、大抵の魚が大型で肉食な事が挙げられます。

エンドリケリーの種類について

NEXT エンドリケリーの種類について