アルファスSVのインプレ!カスタムでカッコよく!パーツを種類ごとに分けて詳しく紹介!

従来のブレーキシステムの欠点

ダイワのメカニカルブレーキは”マグネットブレーキ”を採用しています。これは文字通り磁力でスプールの回転を抑制する構造で、基本的に回転数にかかわらず均一にブレーキがかかるシステムになっています。抑制力はダイヤルを使用して強弱を付けています。

この従来型ブレーキシステムですと、軽いルアーをキャストしたり、近距離をピッチングする場合にでもブレーキがかかってしまい、その結果、飛距離が伸びなかったり、コントロールしづらくなる事が生じてしまいます。

SVコンセプトで欠点を回避

SVコンセプトは新しいテクノロジーとして、”エアブレーキシステム”を採用しています。これはバックラッシュの危険が生じる回転数にまで達した時にのみだけブレーキを作動させる様になっており、その他の時には極力抵抗をかけないようにすることが可能になりました。

結果、キャスト時の遠投性能があがり、ベイトリールでは苦手とされていた軽いルアーのハンドリング性能がアップし、マシンガンキャストと称される近距離をピッチング等で手返し良く狙うことができるようになりました。

SVコンセプトを搭載することによって、ブレーキシステムを最も必要とする状況下つまり、ラインがスプールから出ていく速度よりもスプールのが回転しようとする状況下においては適切に回転を抑制することが可能なったため、バックラッシュの危険性がブレーキを緩めていても小さくなっています。

ベイトリールのブレーキの種類

ベイトリールのブレーキにはマグネットブレーキ、遠心力ブレーキ、DCブレーキの4種類があります。最初の2つがメカニカルブレーキ、DCはデジタルブレーキに分類されています。

マグネットブレーキ

マグネットブレーキは所謂”磁石の力”でブレーをかける仕組みです。利点はダイヤルで微調整ができる事です、ただ、ブレーキの力が若干弱いので、軽いルアーを扱うのはバックラッシュの危険が若干高いです。

遠心力ブレーキ

スプールが回転するとその遠心力で”外側にあるシュー”にものがあたることでブレーキがかかります。この機構上回転が低い時ブレーキがかかりにく、高回転時にブレーキがかかります。遠投性能に優れるシステムです。

DCブレーキ

”デジタルコントロール”の略ですから、こちらはコンピューターで回転数を解析し、バックラッシュの危険性のある回転数になると、判断してブレーキをかけます。対して危険性が少ない回転数ではブレーキをオフにするなど、デジタルは細かくコントロールしてくれます。

 

アルファスSVの特徴③UTDドラグ

ダイワ製リールのドラグの種類は大きく分けて2種類存在します。リールを企画制作している会社のなかでダイワはドラグのの性能面でのテクノロジー開発には力を入れてきました。アングラーからのリールのインプレでも高評価を得ています。

Ⅰつはハイパートーナメントドラグで、精細なフィネスフィッシングをする際に魚からの急なラインへの負荷を細かく分散しながら、アングラーがタックルコントロールをしやすくなるように設計されたものです。

もう1つはハイパートーナメントドラグといって、シーバスや青物などのサイズが大きくパワーのある魚とファイトする場合に、強烈な引きによる大きな力を逃がすコンセプトのものがあります。それではUTSドラグはどのようなものか見ていくことにしましょう。

NEXT ドラグの役割