シラサエビとは?生態や飼育(養殖)、使う釣りについても徹底解説!

エビの穴釣り

短めの釣り竿を使い、テトラの隙間の穴に竿先を入れ隠れている魚を狙う釣り方法です。根魚と言われるカサゴやメバルが狙えます。特にテクニックなく釣果アップできるため初心者の方も楽しみやすい方法です。

穴釣りを動画でチェック

 

足元付近での釣りなので、海が透けていて魚の動きもみられる動きのある動画です。

餌の付け方を動画でチェック 

釣果を左右するエサは、獲物に対してアピールができる重要な部分ですので、しっかりとマスターして釣果アップに繋げましょう。どれも簡単に取りつけられる方法なので初心者の方もすぐに覚えられますよ。

通し刺しのメリット・デメリット

その名の通りエサの体にハリを貫通させていく取りつけ方です。

  • メリット:ハリに貫通させていくだけなので一番簡単なエサの取りつけ方と言えます。
  • デメリット:針先の奥までエサを押し込むので鋭いハリでケガをしやすいので注意が必要です。

通し差しを動画でチェック

大きくエサを見えるように撮影しているため、初心者の方が見やすくわかりやすいです。

ほほ刺しのメリット・デメリット

シラサエビのホホ部分にハリを刺していきます。

  • メリット:弱りにくいため釣果に繋がりやすいです。
  • デメリット:薄い殻にハリを貫通させていくことの力加減が難しいことです。

ほほ刺しを動画でチェック

黒い脳みそ部分を刺さないようにすることがポイントです。画像で見たほうが実践しやすくわかりやすい動画になっています。

鼻掛けのメリット・デメリット

こちらのつけ方の特徴は、顔部分にハリを付けていきます。

  • メリット:ホホ掛けよりもハリを刺す部分がわかりやすいです。
  • デメリット:顔部分に刺すので弱りやすく死んでしまわないように時間との勝負になります。

鼻掛けを動画でチェック

背景が白いので、小さなシラサエビでも細部まで見やすくわかりやすい動画になっていています。

NEXT ちょん掛けのメリット・デメリット