ショアジギングタックルおすすめ!初心者もわかるタックルを選ぶポイント解説

ロッドは、何より飛距離が大切

ショアジギングでは、まず一番に飛距離が大切です。大きな成果を得るためにはキャスト性能の高い、ショアジギング専用のロッドを選びましょう、通常のロッドよりも長い9〜10フィート程度のものが主流です。最初は大変ですが、専用のロッドを使用すれば慣れれば簡単に100メートル以上出来るようになるでしょう。

そして、パワーも必要

また、狙い目である大きな青魚を引き寄せて釣り上げるだけの強いパワーも要求されます、自分の目標とする獲物と体力に合うロッドを選びましょう。

ショアジギングタックルのリールの選び方

耐久性のあるものを

100g前後の重いメタルジグを使用する為、専用のショアジギング用のリールを使用しましょう。ショアジギングは一日中ルアーを投げ続けますので、一般的なルアーだとすぐダメになってしまいがち。多少粗雑な扱いをしても大丈夫な、耐久性が求められます。

糸巻きは余裕をもって300mを

ショアジギングはルアーを150メートル以上も遠投する場合もあります、また大物がかかった際に余裕をもって対処できるよう、糸巻きはPE3号を300メートル巻けるものを用意しましょう.

糸巻きの番手

ショアジギングに適した糸巻き番手を代表的なメーカーで案内すると、「ダイワ:4000番-5000番」「 シマノ:5000番-8000番 」程度のリール番手が理想的です。

ショアジギングのラインの組み方

丈夫なものを用意しましょう

ラインはタックルの中でも、ともすれば軽視されがちですが、ショアジギングタックルに置いては、重要なウエイトを占めますので、しっかりとしたものを用意しましょう。

高くても丈夫なものを

遥か遠くのポイントへの確実なキャストを実現させるため、またかかった巨大な青物を確実に引き寄せて仕留めるためには最低でもPE2号を上回るラインを300メートル以上巻いておくことが求められます。300メートル以上あれば、マグロなどの想定外の大物に当たらない限りは安心といえるでしょう。

PEラインは複数の糸を使用して作成されており、4本織り、8本織り、とものによって違いがあります。ショアジギングタックルにおいては、確実にキャストできる飛距離を稼ぐため、また大物を引き寄せるパワーを実現させるためにも、多少値が張っても”8本織り”の高級PEラインの使用がいいでしょう。

ショアジギングタックルのメタルジグの選び方

NEXT 遠投できるものを選びます