ハイジニーナ脱毛にお悩みの方へ!絶対後悔しない綺麗なVIOを目指そう!

毛量を整える程度が無難かも!?

Free-Photos / Pixabay

以上の点を踏まえて、はじめてアンダーヘアを脱毛される方が、最初の手段としてハイジニーナを選択することはお勧めしません。

一度量や長さを整えて、その上で「やっぱりこれじゃ物足りない!」と思うのであれば…とった風に段階を踏んだほうが無難です。

意外とハイジニーナは多い!?公表している芸能人

世界基準でいえばアンダーヘアの脱毛は身だしなみであり、後ろめたくなることなどありません。

髪を洗ったり爪を切ることと同じであり、またパートナーに対するマナーのような感覚なのです。では、いったい日本ではどれほどの定着率なのでしょうか?

6割の女性はお手入れしている!

人気脱毛サロンのミュゼ・プラチナムがアンケートを行ったところ、女性は半数以上の割合でアンダーヘアのお手入れをしていることが分かりました。

日本では形を整えたり、長さをや量を適度に調節した、あくまでもナチュラルな仕上がりが人気です。気合が入ってる!と思われるのはやはり恥ずかしいようですね。

1割は完全ハイジニーナ!

Zerocool / Pixabay

そのうち、ハイジニーナを選択するのはうち10人に1人の割合です。実はイメージよりもはるかに日本に浸透している脱毛法なのです。

かつては自己処理しか方法がありませんでしたが、近年多くの専門サロンが着手しはじめ、広告などで得られる情報量が格段にアップした点も大きいです。

芸能人も公表している!

有名人は撮影機会も多い職業のため、脱毛率はそれは高いもの、中には公表している方もいます。

パリス・ヒルルトン、マギー、道端アンジェリカなど、あこがれのファッションリーダーたる女性ばかりで、彼女たちにとってハイジニーナはボディケアの一種であり恥じることではないのです。

ここがおすすめ!ハイジニーナのメリット!

Pexels / Pixabay

実際にハイジニーナをやってみた人は、どのような点において「やってよかった!」と感じているのでしょうか。

なんとなく予測できていたものから意外な利点まで、その種類は様々です。特に同じ悩みを抱えている方であれば、こんな手があったのか!と目から鱗が落ちること請け合いです。

衛生的

Pexels / Pixabay

その名の由来の通り、なんといっても衛生的なのです。毛量が多いと蒸れやすく、かぶれ・痒みなどお肌のトラブルの元になります。

また毛に経血や排泄などの汚れが付着し、においや病気の原因にもなりやすいのです。

自己処理からの解放

TheVirtualDenise / Pixabay

今までは自分で剃ったり抜いたりしていたけれど、自己処理は面倒で難しいもの。定期的に生え続ける上、間違ったお手入れがとんでもないトラブルを招きます。

水着や下着のためのお手入れを頻繁に行っている方であれば、ハイジニーナ後はその手軽さと解放感に感激することでしょう。

NEXT コンプレックス解消