シリンジ法は本当に妊娠できる?やり方のコツやメリット・デメリットを解説

痛みを感じることがある

自分で手軽にできることがメリットの一つだったのですがそれゆえに、やり方をしっかり調べたり学んだうえで行わなければ痛みを伴うことがあるようです。すべての人に痛みが出るわけではありませんし、しっかりと下調べをして知識をつけてから行えばこのようなことは避けられそうです。

人によっては精神的に負担を感じることも

geralt / Pixabay

先ほど紹介したメリットで確率が割と高いことを紹介しましたが、これも期待して行ってしまうと必ずしも成功するわけではないため精神的負担につながることもあるようです。病院に通うのとは違って、周りに相談をしづらく悩みが大きくなってしまって精神的に追い込まれる方もいます。

夫婦で取り組みやすい

TheDigitalArtist / Pixabay

上記でメリットやデメリットを見たうえで、すごくいいと思う人もいたでしょうしちょっと難しいと思った人もいるはずです。いろいろ個人によってや夫婦によって意見は分かれますがおススメ度としてはどのくらいなのかを見てみましょう。

旦那さんを説得しやすい

Free-Photos / Pixabay

男性の中には妊活をよく思わない人も少なくないといえます。そんな時に奥さんだけがやる気を出してもうまくはいきませんよね。数ある方法の中でではハードルが低いこの方法なら旦那さんを説得できるのではないでしょうか。男性も気軽に取り組めます。

コミュニケーションをとりながら行える

photo-graphe / Pixabay

一人ではできないのでおのずとコミュニケーションが必要になってきます。多くの方法は病院に行きお医者さんの介入がありますがこの方法は夫婦だけで行えるので旦那さんも気軽に話を聞いてくれるはずです。コミュニケーションがとりやすいのは喧嘩も減り良いですよね。

おすすめ度は高い

RitaE / Pixabay

簡単にできて、そこそこの妊娠率がある方法ですし、旦那さんから見ても簡単な方法なのでおすすめ度はかなり高いです。しっかりとした方法で安全に行うことを前提としてやってみるとうまくいく可能性は低くありません。コミュニケーシもとれ、おすすめ度は高いです。妊娠した後について知りたい方はこちらもどうぞ。

シリンジ法が向いている人と向いていない人

メリット・デメリットはわかりましたが、いったいどのような人に向いているのでしょうか。試して欲しい方法ではありますが、中にはこの方法に向いていないひともいます。それぞれ向いている人と向いていない人がどのような人なのかを見ていきます。

向いている人

まず向いている人は、生理周期が安定していて排卵がしっかりと起こっている人です。そして旦那さんの理解があるのも大事なことです。病院に行かなくても在宅で、そして自分でできる方法ですがそもそも排卵しているのが前提で、それがなければこの方法での成功が難しいです。

NEXT 向いていない人