チャネリングとは?やり方や効果、注意点を知って人生をより幸せにしよう

チャネリングとは、高次元の存在と交信することで意味のあるメッセージを受け取ることです。一見難しそうな話ですが、誰しも知らず知らずのうちにチャネリングを行なっており、実はとても身近な存在なのです。この記事では、チャネリングの意味や自分で行う方法についてまとめました。

この記事をかいた人

役立ち情報を配信していきます!

チャネリングとは

Activedia / Pixabay

チャネリングと言う言葉を聞いた事はありますか?なんだか、今日はやけに冴えてるな!とか、感が当たってるなって日はないですか?実は、それをスピリチュアルの世界ではチャネリングと表現するのです。この力は誰にでも存在し、実は誰もが行う事の出来るものなのです。

高次元の存在と交信する手段

sciencefreak / Pixabay

この力は、私たちが生きている世界と違うもっと高次元へと交信しコミュニケーションを取る事ができるのです。突然、思いもよらないアイディアや行動を思いついたりすることが日常で起こる時はないですか?そんな時は知らないうちに、高次元へ交信を行っていてあちらからのメッセージを受け取っているのです。

オカルト的なイメージ

kalhh / Pixabay

スピリチュアル的な内容はオカルトと結びつけられる事が多くありますが、この方法ではメッセージを受け取り、そこから何か悪い事を目的とした物に使われる事は一切ないのです。この方法で得たメッセージはすべて、自分の生活を豊かにする為に受け取るメッセージなのです。

悪魔を呼び寄せて呪いの儀式をする物は低次元との交信を行う事を目的としますが、チャネリングでは高次元との交信をしより幸せになる方法、人々が幸せに暮らすアイディアをメッセージとして受け取る事を目的としているのです。

チャネリングの種類

brenkee / Pixabay

実はこの力には色々な種類があるのです。ここでは代表的な2種類の方法をお伝えしていきます。どのような違いがあるのか、またどんな方法での交信が可能なのかをここではご紹介していきたいと思います。

コンシャス・チャネリングとアンコンシャス・チャネリング

ambroo / Pixabay

この2種類の方法が一般的に取り上げられている方法です。まず、Conscious(コンシャス)は”意識”の意味ですが、これを行う人(チャネラーと言われています。)が意識がある状態で行うか、それとも無い状態で行うかが大きな違いとなります。この2種類の内容を確認していきましょう。

コンシャス・チャネリング

geralt / Pixabay

こちらの方法は、チャネラー自身に意識がある状態で行います。意識がある状態なので、高次元への交信を行うのはかなり集中力が必要となります。この方法はある程度やり慣れてコツを掴んでいるかたでないと、すぐに交信を行う事は難しいです。初心者の方はまた違う次元に行ってしまう可能性がある為要注意な方法です。

この方法が良い点として、チェネラーは行っている時の意識がしっかりとある所です。意識がある状態ですので、受診したメッセージを自身で覚えておく事が出来るのです。自ら高次元へと交信し、メッセージを自分で受け取りたいかたはこの方法で行う事が必要となります。

アンコンシャス・チャネリング

sammanthayore / Pixabay

こちらの方法は、チャネラーの意識が無い状態で行います。眠り掛けのボーっとしている時が最も近い状態です。この方法ですと、意識がある時と違い、意識が無い状態で高次元に交信しているため、交信後の記憶は無く何を見聞きしたか覚えていない状態となります。

この方法は、雑念が入りにくい事から高次元への交信が意識がある状態よりもスムーズに出来ます。しかし、意識が無い状態なので受け取るメッセージをはっきりと覚えていない事が多くなります。潜在意識の中で理解する事が必要となってくるのです。

チャネリングで交信出来る事

NEXT チャネリングで交信出来る事