SUPフィッシングとは?釣りに必要な装備とボードのおすすめ10選

SUPフィッシングでできる釣り:ヒラメ釣り

ヒラメも堤防では、小型のアジなどをつけて沈めておく釣法が多いですが、SUPフィッシングではルアーを用いて釣る方法が一般的といえます。ヒラメを狙うには、魚のように上層を泳いでいるわけでもないので、ジグなどを使って底の方を徹底的に攻めていると、当たってきます。

サーフ場から少し沖に出たところから狙うと引っかかることも少なくまた、隠れているヒラメに岩場などよりもジグを発見されやすいので、釣れる可能性が上がります。ヒラメはあっさりした身がおいしいので、狙う釣り人も多くいます。おすすめの魚といえます。

SUPフィッシングでできる釣り:青物釣り

青物は、基本的にどの層を狙っても釣れる可能性があります。青物も引きが強いので、出来るだけ早く上げられるかが勝負となります。特に岩場に隠れられると厄介なので、地形を把握しておくことに越したことはありません。大きいほど、白熱したバトルが楽しめます。

代表的な青物は、ブリやカンパチやサワラ、カツオなどです。場所によって何が釣れるか分かりませんが、一匹釣れると、その後も同じ魚が釣れてくることが多いです。時と場合によって使うルアーの種類や、色を選ぶことが大切になってきます。どの魚もおいしいので、何が釣れるのか分からないわくわく感がたまりません。

SUPフィッシングでできる釣り:エサ釣り

エサ釣りでは、使うエサによって狙う魚も変わります。エビや虫などでは、小型の魚や、根魚が狙えます。また、泳がせ釣りだと、ルアーのように青物や、ヒラメももちろん狙えます。生き餌を使うのですから、ルアーのようにアクションをせずとも、魚の方から捕食しに来ます。

初心者には、垂らしておくだけでいいエサ釣りは簡単でおすすめです。SUPフィッシングでは、行き餌を持っていくのは管理が少し大変ですが、その場で随時生き餌を確保すると、生き生きした餌を使えます。本物の生き餌に勝るルアーなどはありませんので、その点では、一番チャンスが高い釣法となります。

エサ釣りの注意点

出典:PhotoAC

エサ釣りの場合、ルアー釣りよりも道具を多く持っていきがちになります。また、そのせいでSUPボードにかかる負担が多くなり、ふとしたことで転覆する可能性があります。出来るだけ身軽な装備で、持っていく物も最小限に抑えることでそう言った危険から少しでも身を守るようにしましょう。

おすすめのポイントは?

StockSnap / Pixabay

海は広いので、どこで釣れば釣果が上げやすいのか気になることでしょう。魚は日中は、暗いところに隠れているのがほとんどですが、ベイトを追って海岸付近まで泳いでくることもあります。それを踏まえて、おすすめのポイントを紹介します。

サーフ場からすこし出た地点

matthardy / Pixabay

先ほども言ったとおりに、サーフ場はきれいで、砂地であり隠れやすく、見通しも深いところよりも良いため、大きな魚が小魚を見つけやすいのでとても良いポイントとなっています。特に、ヒラメやカレイ、マゴチなどの恰好の住み処となっています。

暗がりのあるポイント

出典:PhotoAC

地磯の近くなどには、急に深くなるポイント(かけ上がりともいう)があり、その辺りは青魚などの住み処になっており、一級ポイントともいえるでしょう。底が荒いのでルアーが引っかかってしまう可能性も高くなりますが、いいラインを通すことが出来れば、大物ヒットの大チャンスです。

SUPフィッシングの道具

必要になる釣り具は、どの釣法も基本的に岸から釣りをするのと一緒になります。しかし、沖に出ていくので、ライフジャケットは必須になります。また、SUPボードにはハードボードとインフレータブルの2種類あります。その辺について軽く説明していこうと思います。

NEXT SUPフィッシングの道具:それぞれの釣りに応じたタックルと仕掛け