万能壁画には何が描かれている?壁画から韓国起源と主張する文化とその真偽は?

「万能壁画」とは、韓国で発見された古代壁画です。未だに描かれている内容について謎が多いことで有名ですが、韓国ではこの壁画を元に様々な文化を韓国起源だと主張しています。この記事では彼らが主張する起源の真偽を検証するとともに、万能壁画以外にも韓国起源だと主張されているものについてもまとめました。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

万能壁画とは

Tama66 / Pixabay

この地球上には世界各地にいろいろな有名な画が存在します。その作品は古い過去から最近に近いものまで、時代によってさまざまなものが表現されているのです。その画には題名があり、意味やメッセージ性が込められた作品が多いのです。

今回ご紹介する壁画はどんなものが書いてあり、どんな意味が込められているのでしょうか?またどこの国のいつの時代のものなのか、今回の記事ではそういった概要について深く突き詰めて、皆さんにご紹介していきます。

韓国の古代壁画

古くからいろいろな文化を輸入したりと深く関わりのある、今でいうと中国や韓国。その昔の韓国のとある場所にある歴史的産物なのです。果たしてどういったものが表されているのでしょうか?また古代とはいつごろのことなのでしょうか?

そのへんのことについては後述して掘り下げてまとめていきます。これについては韓国と日本であったり、人それぞれによってその画の捉え方やその存在自体についての見解などの考えが違ってくるのです。

世界遺産に認定

ヨーロッパにあるフランスに本部を置くユネスコという機関があります。そのユネスコとは世界的に勉学や、科学、文化を大切にして伝えていく大きな機関なのですが、その機関が世界の各地にある古い歴史の中で人の手によって作られた建造物や書物など様々な産物を世界の遺産として認定する、すなわち「世界遺産」を定めました。

みなさんも日本にもいくつか存在して、また世界的に有名な世界遺産を知っているのではないでしょうか?そんな世界遺産に壁画もまたその一つとして認定されているのです。画の文化は世界の各地で書き表されている物やその形は様々ですが、現代でも残っているものがたくさん存在して、その多くが認定されています。

万能壁画に描かれているもの①相撲(手搏)?

その画には人の様なものが表されていますが、それが何をしているのか?また何を表しているのか?というのにはいろいろな解釈や見解があります。それを裏付けるような書物や記録が残っていないため、歴史的根拠がないとされています。

そのいろいろな会社や見解の一つに、私たち日本を代表するスポーツの一つ、また日本の文化ともいえる相撲が書かれているのではないか?と言われているのです。こちらの見出しではそのことについてまとめていきます。皆さんもぜひこのことについて考えていきましょう。

相撲の起源「シルム」?

お隣の韓国ではシルムという競技があります。これは日本の相撲がルーツとされたスポーツであり、日本が由来と歴史的書物や記録からもそう読みよることができるのですが、ここに書かれているのが、もし韓国の相撲であるとすれば、逆に相撲の起源はシルムなのではないかと言われているのです。

つまりは韓国が由来の競技となり、全く逆の立場になるわけですが、これをめぐってネット上でも国と国、そして人によってさまざまな意見や見解があるのです。日本人である皆さんはどのように判断すべきと思いますか?

手搏と相撲の関連は無し!たまたま似ているだけ?

しかしながら中国大陸で古来より存在する拳を使った武道、すなわち手搏と私たち日本人の国民的スポーツでもある相撲とは全く関係がないそうなのです。というのもそれを伝来するような書物や書記などの記録は両国どちらでも見つかっていないそうなのです。たまたまその画がそう見えただけなのかもしれません。

万能壁画に描かれているもの②空手?

rauschenberger / Pixabay

もう一つの解釈や見解が空手に見えるというもの。確かに人の様なものが書かれていて、いびつな形をしているためか、よく言えばいろいろと想像を働かせる作品と言えますが、悪く言ったら何をしているかはっきりとわからないのです。

こちらの見出しではそんな空手論について解説していきます。もともとのルーツや発祥の地などをまとめていきますので、空手がそもそもどこから生まれたのか知らない人は、是非この気に覚えてみてはいかがでしょうか?

空手の起源は沖縄

NEXT 空手の起源は沖縄