【初心者向け】海から渓流までのルアー釣り!釣り方や仕掛けを紹介

ルアー釣りは、海はシーバス、ヒラメ、淡水ではブラックバス、ナマズ、渓流ではヤマメ、ニジマス等、様々な魚を狙うことができる釣りです。釣り方や仕掛けなど魚種別でわかりやすく紹介していきますので、ルアー釣り初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事をかいた人

釣り・キャンプの記事を中心に書いています。

ルアー釣りとは?

釣りに詳しくなくても「ルアー釣り」という言葉くらいは聞いたことがあるでしょう。初心者の人でも知っている人はいるでしょうが、おさらいということでこの釣りについて見ていきます。

餌ではなくルアー(疑似餌)で魚を釣る

餌の代わりに小魚といったものに似せて作られている疑似餌を使用して行う釣りのことです。ルアーというのは疑似餌の総称であり、詳しく見ていくとたくさんの種類があります。

魚を探さなくはいけない

餌の場合は匂いによって魚を引き寄せられますが、ルアーは木製やプラスチック製、金属製なので匂いがなく、餌に比べて集魚効果が低いので自分で魚がいる場所を見つけなければなりません。

ルアーを本物の餌だと思わせなくてはいけない

ルアーは小魚などを捕食する肉食魚がターゲットとなるので、ロッドを動かして本物の魚のような動きをつけなければ魚が食いついてくれません。またルアーによっては水中で独特の動きをするものもあります。

ルアー釣りの魅力や醍醐味

ルアーについての基礎知識をおさらいしたところで、ルアーを使用した釣りの魅力について見ていきましょう。この釣りの面白さを理解することで、実際に釣りをするときの面白さを引き立ててくれます。

魅力や醍醐味①ゲーム性やスポーツ性の高さ

初心者の人は「ゲーム性」や「スポーツ性」と言われてもわからないでしょう。まずゲーム性というのは釣り人の知識や経験を使い自分の頭で考えて魚を釣る過程のことを言います。いつも同じ場所で同じ魚が釣れるわけではないので、自分の理論で釣りを行う楽しさがあるのです。

スポーツ性は体の活動が高いことを言います。釣りの種類によっては自分で魚のポイントを見極めて移動を頻繁に行う釣りもあって釣りをして移動、釣りをして移動を繰り返して体を動かすのです。そのような釣りはスポーツ性が高いと言っていいでしょう。

魅力や醍醐味②タックルや装備がコンパクト

餌を使用した釣りになると餌を用意する他にも、狙う魚や釣り方によってはたくさんの仕掛けが必要で荷物が多くなり、初心者が簡単に揃えられるとは言い難いです。ルアー釣りでは仕掛けはルアーだけなのでコンパクトな装備になって簡単に揃えられます。

魅力や醍醐味③餌が苦手な人でも楽しめる

NEXT 魅力や醍醐味③餌が苦手な人でも楽しめる