こんなに便利!シェラカップのおすすめ5選!

①サイズを見るべし!

定番なのは300ml前後のサイズです。持ちやすいので取り皿やコップとして使いやすく、小さな子供にもおすすめです。しかし、インスタントラーメンやレトルトカレーなどに使うには300mlだと小さいので500ml前後がおすすめです。多人数でのアウトドアの際には900mlなどを使うといいでしょう。

②重さを見るべし!

登山で使いたい方は軽めのものが好ましいでしょう。キャンプでしたら取り皿として使う場合には小さな子供の有無に目をつけ、それを考慮した重さを選ぶといいでしょう。しかし、軽すぎると風で飛ぶこともあるので野外の際には特に注意です。

③取っ手の形状を見るべし!

取っ手が短いと不安定さがないため持ちやすく、小さな子供でもしっかりと持つことができます。しかし調理器具として扱う際には短いと熱くなりやすいので、長い方がいいでしょう。また、指が引っかかるかどうかも気にすると持ちやすさにつながります。籠や紐にぶら下げたい方は、それを考慮した取っ手の形状を選びましょう。

④材質を見るべし!

ステンレス製

シェラカップは主にステンレス製かチタン製に分けられます。特徴としてあげるのならば、ステンレスはチタンよりも重く、安価で手に入ります。錆びにくいため衛生的で、油汚れなども簡単に落とせるのが嬉しいですね。また、チタンよりも熱伝導性に優れているため調理に向いていますが、その分熱くなりやすいので注意が必要です。

チタン製

チタンはとても軽いですが、ステンレスより高価な価格設定となっています。ステンレスよりも熱伝導率が低いため、調理に時間はかかりますがその分焦げにくいというメリットがあります。時間を気にせず調理する時はチタンを選んでも良いですね。触感が気になる人もいるようですので、気になる方は実物を触ってみるといいかもしれません。

アルミ製

シェラカップにはもう一つ、マイナーではありますがアルミ製があります。チタンには及ばずともステンレスより軽く、チタンより安価に手に入ります。アルミは熱伝導性に非常に優れていますが、冷めやすいのが難点です。コーヒーや粉末スープなどを入れた際には、熱さが長持ちしないようです。耐久性も低く、落とすと凹んでしまうことも。

シェラカップおすすめ①スノーピーク(snow peak) シェラカップ E-103

出典:Amazon

300mlのステンレス製シェラカップ。多くの人に愛用されているこの製品は、スノーピーク独自のデザインで持ちやすさを追求。指にかかりやすいデザインは多くの方が「持ちやすい!」と絶賛しています。SUS304という錆びにくくて丈夫なステンレスが採用されています。

シェラカップおすすめ②ユニフレーム シエラカップ SUS420 No.667750

出典:Amazon

こちらは420mlのシェラカップ。長い取っ手で熱くなりにくく、細かい目盛りには「1合」「1.5合」と米の分量も記されており計量にとても便利です。取り皿だけでなく、インスタントラーメンやスープなどを作るのに丁度良い大きさで幅広く使用できます。また、汚れが落ちやすいと評判です。

シェラカップおすすめ③キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シェラカップ

出典:Amazon

小さな鍋としても使える630mlと大きいサイズのこちらのシェラカップは、料理に向いています。細かな目盛りで計量後、そのまま調理に移行できるのが良いですね。荷物も洗い物も少なくできます。大きい分重さはありますが、154gとそこまで重くありません。家族など、多人数の際の調理にはこちらをおすすめします。

NEXT シェラカップおすすめ④キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ディズニー シェラスタッキングカップ 320ml ミッキー