キモオタブルーとは?意味や使い方、そして違う色の呼称までご紹介!

キモオタブルーとは一部の車種のことを軽蔑的に指す言葉です。キモオタブルーの意味と正しい使い方、そしてどんな車がキモオタブルーといわれるのか解説していきます。またキモオタブルー以外にも存在するネット民的カラーネームも一緒に紹介します。

この記事をかいた人

小さなころから怪談・都市伝説が好きです。あまりに好きなので、もう知らない怪談がなくなってきたほどです。

キモオタブルーの意味とは

danymena88 / Pixabay

「キモオタブルー」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。聞いたことがなくてもキモオタという言葉の意味を知っている方ならなんとなく予想がつくと思いますが、決して良い意味ではありません。

キモオタブルーは青い車のこと

lbrownstone / Pixabay

「キモオタブルー」とは青い車のことを指す言葉です。いつからかそう呼ばれるようになりました。よく「シーマに乗っているのはヤンキー」や「レクサスに乗っているとモテる」など、乗っている車で人を判断することがありますが、キモオタブルーもそのうちの一つです。

キモオタブルーの代表はスバルインプレッサWRX

車種は特に限定していませんが、多くはインプレッサWRXのことを指してそう呼んでいます。その外観や色味の派手さから注目を浴びやすい車種であることも手伝い、こちらが代表格のような存在とされています。

青い車をキモオタブルーと呼ぶ理由

ivanovgood / Pixabay

青い車のことを指してなんとなく馬鹿にしていることはわかりましたが、なぜそのように呼ばれるようになったのでしょうか。そもそも「キモオタ」とは何なのでしょうか。ここではその由来について紹介していきます。

キモオタとは

Fifaliana-joy / Pixabay

キモオタとは気持ち悪いオタクのことです。どこで判断するかは人によりますが、不潔にしていたりファッションがダサかったり、または異常に早口だったりするとキモオタと言われやすいです。多くは見た目のことを指して言われる言葉です。

キモオタが高確率で青い車に乗っているから

NEXT キモオタが高確率で青い車に乗っているから