ティップランエギング用ロッドおすすめ10選!最強のロッドを見つけよう!

ティップランエギングは、潮流を利用してエギを泳がせる新スタイルのエギングであり、通常のエギングロッドでも一応代用は可能ですが、快適性を求めるのであれば、専用ロッドの使用が推奨されます。この記事では、ティップランエギング用ロッドおすすめ10選をご紹介します。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

ティップランエギングとは?

注目を集めているスタイルですが、どんなものかいまいちシアラない人も多いでしょう。通常のエギングとは何が違うのかピンと来てない人も多いはずです。そこでまずはこのスタイルがどんな釣りなのかを紹介しましょう。

ボートで楽しむエギング

このスタイルはボートうえでより楽しみ、潮流に任せてエギを泳がせて釣りを楽しむスタイルになります。通常イカを狙う場合、キャスティングを行って陸から狙うことの方が多いですが、このスタイルはボートの上でおこない、さらにキャスティングは行いません。

投げずに真下に落とす、あるいは再度キャスト気味に軽く落とすだけでいいのです。そして、そのまま船で引きながらの釣りになります。そのため、コツが必要となるスタイルであるのですが、複雑はアクションを必要としないのでマスターも早いです。

また、船上からの釣りなので釣果にもつながりやすくあたり自体も回数が多いです。船からの釣りといっても、あまり沖まで出る必要もなく、もちろん陸からせることもでき、楽しめるので船釣り初心者の方でもおすすめできるスタイルと注目を集めているのです。

ティップランエギングは専用ロッドの使用がおすすめ

最近、流行っている新スタイルのエギングですが、このスタイルは、専用ロッドを使用することでより快適なエギングを楽しむことができ、その潮流にエギを任せて魚を釣る楽しみはひとしおです。

しかし、実は専用ロッドでなく、これまで使用していた通常のものでこのスタイルを楽しむことができますとはいえ、専用の方がより快適なことは事実。どうしてここまで違いが出るのかというと、そのバットのパワーと身で見てわかる感度に違いがります。

一般的にアジングやバス釣りで使用するものは利用することはできますが、より些細なあたりを見分けることができません。イカが触ったわずかなあたりを見分けるにはそれ相応の性能を持つものでなければならないのです。

さらに、しゃくりなど穂先でとらえたわずかなあたりに反応して素早く動作できるバットパワーも持ち合わせていなければなりません。このパワーは、通常のモノでは発揮することはできないでしょう。だからこそ、専用のものがおすすめされるのです。

ティップランエギング用ロッドの選び方

自分に合ったものを選ぶには、選び方のポイントをある程度抑えておいたほうがいいです。特に、初心者の方であれば専用のアイテムといえども、慣れてないときは壊れやすい物で、損なトラブルを防げる選び方もできるので、押さえておきましょう。

地域情報の確認をして選ぶ

このスタイルで使用するエギは重さが、時期や地域によって影響されて異なります。状況に合わせた重さを選んで釣る必要があるので購入前に地元や釣り場の情報を抑えておく必要があるのです。ポイントを押さえてから選んでいきましょう。

ロッドの長さを適切なものに

選択肢としては、5フィート、6フィート、7フィートと長さがありますが、基準は6フィートになります。しゃくりの幅や動かしやすさといった点で扱いやすさが異なります。この扱いやすさが異なると釣果にも大きく影響するので、長さも重要視して選びましょう。

価格にも注目してより高品質なものを

NEXT 価格にも注目してより高品質なものを