フレミッシュジャイアントは世界最大のウサギ!特徴や飼育方法、販売店や値段も

世界最大のウサギ、フレミッシュジャイアント。有名なウサギなので聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?この記事ではフレミッシュジャイアントを販売しているお店や販売価格、飼育時に注意する点、飼育されている動物園をご紹介していきます。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

フレミッシュジャイアントとは?生態や特徴は?

世界一大きなウサギといわれているフレミシュジャイアントを知っているでしょうか。もしかすると言葉だけであればその存在を知っている人はいるかもしれませんが、実はそのサイズは思っている以上に大きいものです。

また、さらに生態や飼育されている施設に行けば実際に見ることもできる動物ですがあまり知られていないことが多い存在です。そこでまずは基本的な生態や特徴、どうしてここまで大きなサイズで存在するのかといった疑問を解消していきましょう。

世界最大のウサギ

世界最大のウサギと称されるこの個体は、一般的に8キロから10キロにも及ぶ体重を有しているといわれています。最大クラスになるとその重さは20キロ近くになるともいわれており、その巨体さが伺えます。

大きさも柴犬といった中型犬から人間の子供くらいの大きさを持っており体長130センチまで及ぶものもいます。ウサギと言えども非常に存在感のある大きさをしています。ちなみにギネス記録に登録されている大きさがこの130センチなのだそうです。

基本は温厚なウサギ

その巨体さから凶悪な性格をしているウサギなのかと思われがちですが、性格は基本的には一般的なウサギと共通するものを持っているそうです。短毛で立耳型のウサギと外見も同じですが、性格も温厚で大人しく一般的には害のない個体がほとんどのようです。

しかし、この点は個体差がある部分でもあるので、全個体がこの性格とは言えないようです。成長過程でも性格は変動しているようで、生後8か月までの間はやんちゃで気性が激しい部分もあるようです。しかし大人に成長するにつれ温厚になっていくのだそうです。

しかし、元の性格は温厚でも見た目のサイズから一つ一つの行動に思っている以上の迫力や破壊力があることは覚えておかなければなりません。ミニウサギと比べると一回り以上サイズが大きいので、少し動いただけでも存在感があり、物を壊すこともあります。

なので、ウサギを買っているというよりお少し大きめの中型犬を飼っているようなイメージでいると飼育しやすいといわれています。

食用として繁殖され世界最大に

規格外のサイズをしているウサギということはわかりましたが、それではなぜここまで大きな個体となってしまったのでしょうか。その理由は、もともとヨーロッパで食用として飼育されていたからなのです。

食用として品種改良を行い、可食部分を増やすためにこのようなサイズにしたということです。さらにこのウサギのサイズは、体質的に太りやすくえさの量に非常に影響を受けやすい個体になります。

成長期になると、体重だけでなく体長にも大きく影響を及ぼし、成長時に餌を過剰摂取させると10キロを大きく超えることも頻繁にあるそうです。

フレミッシュジャイアントの意味とは

個性的なこのなめですが、実はその大きさからフランダースの巨人やフランスの巨人との意味になります。サイズは先述した通りですが、フランスのウサギの中では最大クラスの大きさを誇るのでこう呼ばれるようになったのです。

中型犬程度の大きさになる個体も珍しくないことからもわかる通り非常に大きなサイズで耳も絶った状態になると長いもので17センチから20センチになるモノすらいます。またその愛らしさは、振る舞いにも表れており、一つ人突温動作がゆっくりしているのも可愛いです。

フレミッシュジャイアントの飼育方法①準備するもの

大きさウサギと言えども、やはりウサギの見た目とその温厚な性格から室内飼いを希望する人も多く、かわいらしい姿に魅力を感じる人も数多くいます。そこで飼育方法についても注目していきましょう。まずは準備物からです。

ゲージを清潔に

NEXT ゲージを清潔に