クロロホルムとは?サスペンスドラマで気絶するシーンの真偽を検証!

「クロロホルム」は、サスペンスドラマや探偵ものの漫画ではおなじみの麻酔薬です。ハンカチに染み込ませて背後から忍び寄るシーンは何度も使われている手法ですが、実際にはそんな効果はないという噂も?ここでは、クロロホルムの毒性などをまとめました。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

クロロホルムとは?

qimono / Pixabay

サスペンス等ではよく使用されているこの薬。テレビでは目にする機会は多くとも、実際に実物を扱ったことのある方というのはごく少数なのではないかと思われます。そこで、まずはこのクロロホルムがどんな薬なのかについてをご説明していきましょう。

吸入麻酔薬の一種

まずこの薬は、吸入麻酔薬といって吸い込んで使用するタイプの麻酔薬になります。化学式では「CHCI3」とあらわされ、トリクロルメタンという別名でも呼ばれています。2019年現在から180年余り前になる1831年に発見されています。

サスペンスドラマやマンガで有名に

前述しました通り、これは一種の麻酔薬で、加えて吸入して使用するという方法からサスペンスのドラマなどでは、誘拐などをする時に相手に抵抗されないよう、ハンカチなどにこの薬を染み込ませて相手の背後から襲い掛かって嗅がせ、即座に気絶させるという使い方が定番となっています。

クロロホルムで気絶するというのは嘘?

ご紹介しました通り、クロロホルムは麻酔薬の一種であるためにドラマなどでも使用されることが多くなっています。ですが、実際にはそういったドラマの通りに即座に気絶させられるほどの即効性はない、つまりドラマでの使用法は思い切りフィクションであるとされているのです。

一瞬で気を失うことはない

それはその通りで、確かに麻酔薬ではありますので嗅げば眠ってしまうというのは確かです。ですが、そのためにはハンカチに大量に成分を注入しておいて、かつドラマなどと同じように口に当てた状態で、数分の間それを深呼吸をしながら吸い込まなければ同じような効果を得ることはできないようなのです。

過度の吸引は死の危険も

ですので、すったら即座に気絶してしまうということは実際にはあり得ないのです。また、必要以上に吸ってしまうと腎臓が不全を起こしてなくなってしまう場合もあり、すこし眠らせておくどころかそのまま永遠に目覚めなくなってしまうことになりかねないのです。

テレビにあまりクロロホルムが登場しなくなくなった理由

ということで、実際にはドラマなどのようにすぐに気を失わされてしまうといったことはなく、むしろ数分にわたって吸い続けなければならないということをご紹介しました。実は、最近には実際の効果を知ったのか、テレビにはあまりこの薬品が登場しなくなったようなのです。

2013年秋にテレビ番組で広まった

NEXT 2013年秋にテレビ番組で広まった