ミズダコの驚くべき能力!巨大さの秘密や美味しい食べ方は?サメも襲う?

生たこを使う

生の特徴でもあるみずみずしさは、野菜やドレッシングなどの調味料とも非常に良く合うので、ぜひボイルしていない状態で調理することをおすすめします。さらに身の持つ透明感や表面のツヤはカルパッチョに相応しい見た目をしており、盛り付けた時の印象はボイルものより一層華やぎます。

お好みの野菜と和えるだけ

トマトやルーコラ、サニーレタスなど好みの野菜と切り身をボールに入れて調味料で和えるだけで簡単に作ることができるのも魅力の一つです。また皿に並べるように盛り付けた刺身の上に野菜を載せる方法もあります。イメージする仕上がりに近いレシピを選択して作りましょう。

味付けはドレッシングとオリーブオイル

オリーブオイルと塩はカルパッチョのもっともシンプルで定番の味付けです。素材の味をダイレクトに楽しみたい人におすすめです。ちょっと奮発して普段よりも高価なオイルや岩塩を使うと満足度も高くなります。また市販のドレッシングとの組み合わせもよく合います。和風でも洋風でも、好みの味をセレクトしましょう。

ミズダコのおいしいレシピ②バター焼き

溶け出したバターと染み込んだ風味豊かな味わいが特徴の料理です。程よく引き締まった食感もクセになります。味付けを塩や醤油などいろいろチョイスできる気軽さもあります。幅広い年代層にウケる大人気タコ料理です。

塩ゆでしたタコを使う

塩茹でして余ったものを小分けにしておけば、こういう料理にすぐに活用できます。さらに予め切り分けた上、冷凍する際に平らになるように切り身であれば一枚一枚離して冷凍すると解答処理なしでフライパンに投入することができるので大変便利です。

季節の野菜をバターで炒めるだけ

付け合わせの野菜はお好みで構いません。中でもアスパラ、ブロッコリー、キャベツなど緑の野菜は見た目も良くなりますし、バターとの相性もいいのでおすすめです。またタイム、オレガノなどのハーブを散らすと香りもよくなります。より刺激的に仕上げたいならニンニクをアクセントにどうぞ。

白ワインで柔らかくする

味付けは塩、胡椒、または醤油を強調させてバター醤油仕立てにするのが基本ですが、隠し味で白ワインを少々入れると身の食感が柔らかくなります。さらに風味にも奥行きが出るので、レストランのような仕上がりになります。

ミズダコの旬はいつ?

年中見かけることのできるタコですが、マダコとミズダコでは旬の時期が違うのはご存知でしたか?どちらも一年を通して水揚げされますが、一般的に広く流通しているマダコは冬がもっともおいしいとされています。ではミズダコの場合はどうでしょう。食べ頃を解説します。

NEXT