わかめ酒はどんなお酒の飲み方?歴史や上手なやり方、危険性をご紹介

女体盛り

Robert-Owen-Wahl / Pixabay

裸体や水着一枚の女性の体を器にして、お刺身や食事を盛りつけて食べるという文化は古くから日本で行われていました。発祥の地として伝えられている石川県の温泉旅館やショーでは今でも女体盛りが行われているとされています。

花電車

Pexels / Pixabay

こちらも古くからお座敷芸として芸者さんが行っていた行為で、大正時代に大阪で始まったとされています。花電車は様々な芸種をまとめた総称であり、一貫して客を乗せない=売春行為は行わないという伏せた意味を持つ芸の事を指しています。

花電車は装飾のみを見せるだけの催しであり、花芸とも呼ばれています。当初は装飾をして走るのみであり、お客である男性と乗っているお店側の女性が接触するような行為は一切なかったとされています。数多くの芸も客引きのための一環であったとされています。

夜這い

Free-Photos / Pixabay

現代でも使われている言葉ですが、本来の意味は男性が女性に求婚する事を指していました。しかし、行為としての意味は夜中に性行為を目的に異性の寝床を訪れる行為をさしており、現代でも一般的に行われている行為ではないでしょうか。

海外での実態

skylark / Pixabay

海外では最近日本文化として様々なお店が出店されています。旅行へ行っても日本の寿司を提供しているお店がちらほらと見受けられたりしていますが、実は日本の性分化を取り入れているお店もあるようです。しかし、様々な場所で非難の声が上がっているのも事実です。

女体盛りで提供?

Pexels / Pixabay

欧米では一部のサービスとして「ボディー・スシ」が行われているという事実が発覚しました。ローマにある日本料理店で始まったサービスであり、日本の伝統と報じたことから様々な場所で批判が行われました。イタリアにある日本大使館でもそういった伝統はないと否定する講義も上がり新聞などにも取り上げられた事件です。

経営者が語る

DrawsAndCooks / Pixabay

カナダでも女体盛りを提供していた日本料理店がありましたが、経営者は日本人ではなく、その方がおっしゃるには、食べ物は消毒した葉の上に乗せ衛生面でも問題はなく、若者たちのサブカルチャーとして芸者の宿で行われていたと語っているようです。

日本の性分化である事は間違いないのですが、実際に現代では一部でしか執り行われていない事や、歴史上のどのような場面で執り行われている文化なのかを、正確に伝える宇ことが出来ない場合は安易にお店として出すべきではないという声もあるのです。

わかめ酒は人によって呼び方が変わることも

Mysticsartdesign / Pixabay

わかめ酒のように人と人の交わう行為は行う人により呼び名が変わるという特徴も持っています。対象の陰毛がなかったり、女性を器とするのではなく男性を器とする場合には、わかめ酒という言葉が使われず、別の名前で呼ばれているのです。

陰毛のない女性は「あわび酒」

ivanovgood / Pixabay

陰毛がお酒で揺れている様を表しているわかめ酒ですが、陰毛のない女性ではわかめに例える物がないことになります。そういった女性でお酒を楽しむ行為は「あわび酒」と呼ばれています。名前は違いますが行う行為自体には変わりありません。

NEXT 男性がやると「竿酒」