わかめ酒はどんなお酒の飲み方?歴史や上手なやり方、危険性をご紹介

やり方は正座してお酒を注ぐだけ

QuinceMedia / Pixabay

そのやり方はいたって簡単です。女性は裸になり、足をきつく閉じて正座をします。太ももとお腹の間にできた三角の隙間にお酒を注ぐだけで完成です。しかし、後述しますがこの行為には危険も伴っているため、しっかりと注意しながら行うようにしましょう。

肉付きのいい女性でないと難しい

mjps / Pixabay

このわかめ酒はやせている女性が行うと、足とお腹の間に隙間が空いてしまい、お酒を溜める事が出来ません。そのため行う際には肉付きが良く正座した際にしっかりと隙間が無くなる女性が行うのが良いとされており、これは古くから変わっていない手法なのです。

わかめ酒は危険?女性も酔ってしまう?

Pexels / Pixabay

前述させていただきましたが、わかめ酒は手軽に行えるものの、危険を伴う行為なのです。万が一行う際にはその点もしっかりと注意しながら行うようにしましょう。また行う際には男性、女性共に危険な行為を行うという自覚を持って行う事をお勧めします。

男性は飲み過ぎてしまうことも

stevepb / Pixabay

実際にわかめ酒を行うためには、足とお腹の隙間へ注ぐための大量のお酒が必要です。普段は透明なコップや、見た目で入っている量が解る容器でお酒を飲むため、知らぬうちに自制が出来ていますが、わかめ酒ではどれくらいのお酒を注いだかわかりずらく、知らぬうちに男性は大量のお酒を口にすることとなります。

女性器に触れると飲まなくても酔ってしまう

Bessi / Pixabay

この行為は女性の体に直接お酒が長時間触れている状態となります。また、注ぎ入れる場所は女性器ととても近く、きつく足を閉じていても女性器にお酒が伝ってしまいます。人の体は粘膜から物質を摂取することが可能となっており、女性器も例外ではありません。つまり女性もお酒を口にせずともアルコールを摂取することとなるのです。

実際にやるのは危険が大きい

stevepb / Pixabay

興味の一環として安易に行うには、危険な行為です。芸者の方や古くに行われていた際には、その文化として行う男性や、女性自身にその知識が豊富にあり、危険察知能力が備わっていましたが、現代興味本にで行う際にはどうなると危険なのかという前触れすらわからず、取り返しのつかない事になりかねないため安易に行わないよう気を付けましょう。

わかめ酒、実際に男性の意見は

Free-Photos / Pixabay

女性の方々の中で、わかめ酒という行為でお酒を女性の体から飲むのは抵抗がないのか、という質問が多く飛び交っているのも事実です。現代では行われていない行為ですが、実際にその行為を行ったシュミレーションの中での男性の意見をご紹介させていただきたいと思います。

好きな人であれば

StockSnap / Pixabay

男性の意見として多かったのが、やはり好きな人であればその行為を行う事ができるという意見でした。知らない女性や好きではない女性の体から口にするのは抵抗がありますが、好きな人の体であれば、何の抵抗もなく口にする事ができるようです。



NEXT その場をしらけさせないために