佐川急便事件とは?ヤミ献金の背景から金丸信の議員辞職まで徹底解説

佐川急便事件とは、金丸信が佐川急便から5億円の闇献金を受け取った汚職事件です。なぜこのような汚職事件が起こってしまったのか、佐川急便事件の概要や事件が起きた背景を詳しく説明しながら、謎に包まれた事件の真相に迫ります。

この記事をかいた人

読みやすい記事を心がけています。2人の男子を育てるシングルマザーです。

佐川急便事件とは?

kaboompics / Pixabay

ネット社会となり、自宅にいながら買い物ができるようになりました。そこで活用するのが配達業者です。佐川急便に届けてもらったことがあるという人も多いかと思います。

現在はクリーンな業務を行っていますが、かつて億という単位の多額な不審なお金の動きが発覚し、当時の自由民主党・経世会の金丸信会長が衆議院議員辞職に追い込まれた騒動が起きました。なぜそのような事件に発展してしまったのか、事件の内容を時系列に沿って詳しくみていきます。

佐川急便事件の概要①皇民等事件が起きる

MichaelGaida / Pixabay

騒動が世間に知り渡ったのが1992年になります。大きな話題となるまで政治家の密かな争いが起こっていたのです。その内容とは自民党内で次の総理大臣は誰かという話題で賑わっていました。

国を動かすリーダーとなるわけですから、だれもが代議士を目指すときに最終的な夢として憧れたことでしょう。トップ争いで闇動きがありました。

皇民等事件とは

ToNic-Pics / Pixabay

当時、竹下登と田中角栄が候補に名が挙がっていました。ここで有利になったのが竹下でした。恩義のあった角栄を裏切ったことが右翼団体であった皇民党から熱い懇意を受けてしまったことが要因とされています。

これが一般国民であれば万々歳ですが、悩ませられたのは右翼グループだったことが政治を賄っていく上で噂となりたくない相手でした。

右翼について詳しく知りたい方は、こちらも良かったらご覧ください

MabelAmber / Pixabay

必要以上の嫌味を含めた褒め言葉を並べては演説をされたため困った竹下が、金丸信に相談をし反社会勢力と繋がりが強いとされていた佐川急便社長に手を回し、交渉をしたことで騒動は静かになっていきました。

佐川の社長は銀座などで毎日豪快に飲み歩いていた人物で、政界の支援者としても知られていたようです。物々交換として竹下が、角栄の家まで行き直接謝ることを条件に、必要以上の騒ぎを立てないことを了解してもらえたのでした。

1987年に竹下登は自民党首相に就任

Free-Photos / Pixabay

鎮めたことでひと段落し、無事にトップとなります。裏で動いた佐川急便社長は政治の世界の繋がりができたことで大いに喜んだとされます。

無事に政治のトップになれたことと、右翼からの嫌がらせをストップできたわけですから恩恵を受けているだろうと、思った佐川の社長は、裏組織が所持していた物件にたくさんの融資を始めたのです。

nattanan23 / Pixabay

何かトラブルが起きてもバックに政治界がついているから大丈夫という安心感が彼の行動を大きくさせたのかもしれません。たくさんの物件に手を伸ばしていき、1000億ものお金を動かしたとされます。

竹下登が田中角栄に謝罪し事件は幕を卸した

freestocks-photos / Pixabay

トップになる前に角栄の自宅に出向き、謝ることを条件に事を鎮めてもらった竹下は時間を作り謝罪しようと動きます。

自宅に行きますが、インターホンを押すと角栄の長女である田中眞紀子が登場し、本人に会うことなく門前払いされ直接の謝罪はできなかったといいます。恥ずかしい思いをしながら家路についたのです。

qimono / Pixabay

角栄が留守だったのか、あるいは顔を合わしたくなく居留守を使ったかは謎のままであります。交換条件の約束を守ったことで、事は収まり彼の周りには平穏な雰囲気が戻ったのです。

佐川急便事件の概要②バブルの崩壊

NEXT 佐川急便事件の概要②バブルの崩壊