佐川急便事件とは?ヤミ献金の背景から金丸信の議員辞職まで徹底解説

佐川急便事件の概要②バブルの崩壊

TobiasD / Pixabay

当時バブルの真っ只中でお金に困ることなく溢れかえっていました。そんな良い時代は長く続かなかったのです。一度覚えた豪快なお金使いは、倹約することが難しいのです。

バブルが弾け皆が倹約し始めたのに対し、マイペースな性格が仇となり次第に黒い霧が立ち込めていくこととなるのです。

1991年バブル崩壊

cocoparisienne / Pixabay

裏社会の物件に融資をしていた佐川は、多額の利息のかかる支払いに困るようになってきます。資金繰りに悩まされるようになっていきました。会社が倒産になってしまえば路頭に迷うことになります。

何としてでも再建を図る幹部たちと、危機感をもたないワンマン社長であった関係に隙間風が吹き始めたのです。お金の悩みは心を荒げるのでした。徐々に社員たちの不安は膨らんでいくのです。

社長と幹部の間に亀裂が発生

moritz320 / Pixabay

支払い期限を伸ばして貰えるよう懇願したりと奔放していた幹部たちは、相当焦っていました。そこで会社のリーダーでもある社長に、返済する計画を組んだ書類を出してほしいと頼みました。

なんとかなるだろうというマイペースな社長は、計画書を作成するどころか援助が必要だと言い債務をさらに大きく膨らませていったのでした。金銭感覚のズレがあったのか、幹部らは開いた口が塞がりませんでした。

東京佐川急便は親会社佐川急便に吸収された

derneuemann / Pixabay

にっちもさっちもいかなくなったことで、公となり債務合計4395億円という桁外れの金額は国民らを驚愕させます。当然のことながら社長や幹部たちは解雇という厳しい処分を受けたのでした。

そして自分の会社も親会社の物となってしまい、全てをなくしてしまったのです。

佐川急便事件の概要③渡辺広康の逮捕

3839153 / Pixabay

社長の場合は、解雇だけでは収まりませんでした。多くの債務を作ってまで闇組織と繋がっていたルートは重く彼にのしかかったのです。政治家に収賄を提供することは法律違反です。

厳しい視線が向けられることとなるのです。

1991年に信託義務違反の容疑で逮捕される

Free-Photos / Pixabay

この一連は、会社リーダーであった渡辺を逮捕し法で裁くことで解決するという簡単な物語ではありませんでした。反社社会組織にお金が流れていたことは重い罪であり、警察も深く追求していくこととなるのです。

1992年に佐川急便幹部達を特別背任容疑で逮捕

Ichigo121212 / Pixabay

解雇だけで処分は終わりませんでした。塀の中に送り込まれることとなったのです。社長の指示のもと行動を起こしただけではありますが、黙認し動いた罪は重くのしかかったのです。

会社のために動いたことが悪行となり彼らの人生は、振り回されてしまったといえるでしょう。

東京地検特捜部はヤミ献金や不正融資など疑惑を抱く

ふと特捜部は疑問を抱きます。なぜそんなに多額のお金が裏に動いていたのかと思ったのです。これにはただの融資だけでなくもっと奥に潜む腹黒い実権をもった人物がいると怪しんだのです。

ここに関係していると嗅ぎつき実態が怪しまれたのが、政治家トップである竹下と手下の金丸だったのです。目をつけられた2人は執拗にマークされます。

NEXT 佐川急便事件の概要④一六戦争