【アフリカケンネル】愛犬家殺人事件の現場の廃墟は心霊スポット?

アフリカケンネルとは埼玉愛犬家連続殺人事件の舞台となったペットショップです。現在も事件現場のアフリカケンネルの犬舎は残っていて心霊スポットや廃墟マニアが訪れます。そこで起きた事件の概要や犯人のその後、アフリカケンネルの住所や現在の様子についてご紹介いたします。

この記事をかいた人

猫を3匹飼っているライターです✨ 愛猫共々頑張っています! スキーはセミプロ並みです!

「アフリカケンネル」とは?

LynetteC / Pixabay

1983年に設立された、ペットショップと犬舎があります。経営者である関根元が始めたのですが後に結婚し、また従業員の元3名で営業していたとされています。1993年にはそこで痛ましい事件が繰り広げられます。そのペットショップの名前こそ「アフリカケンネル」です。

「埼玉愛犬家連続殺人事件」が起きたペットショップ

Mysticsartdesign / Pixabay

悲しいことに、アフリカケンネルにて起こったのが「埼玉愛犬家殺人事件」になります。舞台となった場所ですが、そこでは4人もの命が奪われます。

毒によって失われた事件はおぞましく、また残虐なものです。優しくなければならないペットショップで、次々に殺人行為が行われました。

埼玉愛犬家連続殺人事件の概要と裁判の判決は

バブル崩壊後、高額な繁殖の為に造られた犬舎兼新築の家を建てることで、1億4千万円もの借金を重ねていたアフリカケンネル。

詐欺的に法外な値段で売りつけるなど、関根元(当時53歳)とその妻、風間博子(当時38歳)によって共同経営された、問題が絶えなかったペットショップです。1人の顧客とのトラブルを皮切りに、恐ろしい連続殺人事件に発展することになります。

1993年4月、アフリカケンネルの経営者夫婦が客1人を殺害

1100万円という破格な値段で経営者夫婦は、埼玉県北部で会社経営をしていた川崎昭男氏(当時39歳)にアフリカ産の犬を売ったのです。ところが実際に価格は数十万円で、しかも高齢だったことなど騙されたと知った川崎氏は、返金を求めます。

そこで夫妻がとった行動は「硝酸ストリキニーネ」という、犬の安楽死に使う毒を使い栄養剤と偽って、返金に応じるように見せかけ1993年4月に殺害しました。

同年7月、夫婦はさらに暴力団員と運転手を殺害

stevepb / Pixabay

アフリカケンネルには用心棒とも言われていた、暴力団幹部の遠藤安宣(当時51歳)という存在がいましたが、顧客が行方不明になっていることを知り疑いの目を向けます。

夫婦に対し多額な金銭などを要求した結果、偽って購入してあった安楽死用の毒を再び使い、運転手の和久井奨(当時21歳)の両者を1993年7月に殺害したのです。

同年8月、主婦1人を殺害

Free-Photos / Pixabay

1993年8月には、関根元と親密な関係になっていた主婦の関口光江さん(当時54歳)に対し、株の話を持ちかけます。

多額な金銭を手に入れた後に、高額に売った犬のトラブルの発覚を逃れるめ、別れるためのきっかけでもあり同じ毒を使い殺害します。全ての殺害は車中で行われ、他の場所で損壊・遺棄されました。

2009年、犯人夫婦に死刑判決が下る

TPHeinz / Pixabay

後に遺体は全てバラバラにされ、山中で遺棄されていたことが発覚します。ほとんどの形跡は残されていない「遺体なき殺人」とも呼ばれているのです。

経営者夫婦はというと、殺人・死体遺棄・死体損壊などを含めて1995年に死刑判決が下っています。現在では関根元は死刑を待たず拘置所内で病死をし、風間博子死刑囚だけが執行の時を待っています。

アフリカケンネルは今も残っている!

NEXT アフリカケンネルは今も残っている!