「妖怪惑星クラリス」突然のサービス終了の真相は?復活の兆しも!?

真相は中心メンバーの離脱?

突然のサービス終了を発表することになった「妖怪惑星クラリス」。公式Twitterで発表された理由は中核メンバーの離脱でした。そのため運営を続けることが困難になりやむを得ず終了することになったそうです。

このような理由で妖怪惑星クラリスはサービスを終了したわけですが、他のスマートフォン向けゲームでもサービス終了までいかなくても大炎上するような事件が起こっています。気になる方はこちらをご覧ください。

意外な反響に妖怪惑星クラリス運営元も動揺

突然のサービス終了によりまた話題になり、twitterにトレンド入りするなど最初から最後まで話題沸騰の妖怪惑星クラリスですが運営元もこれほどの反響があるとは思っていなかったようです。その反響によりサービス終了の告知の後アンケートを実施します。

急きょアンケートを実施

意外なほどの反響を受け、運営はアンケートを実施しました。内容は、クエスト、ミッションなどの毎日更新。メールやチャットでの返信や新規キャラと召喚獣の投入スピードなど。以上を保証できないが、それでもサービスを継続してほしいか、というものでした。

結局妖怪惑星クラリスは終了

ですが同日午後1時30分頃に突然ツイートは削除されてしまい、その後にアカウント名も「妖怪惑星クラリス公式(終了)に変わりました、プロフィール画面も変更されており、「[サービス終了]今までありがとうございました!」になり復活の可能性はほぼ完全に無くなりました。

妖怪惑星クラリス復活の兆し

Twitterでサービス終了を告知して完全に終了したと思われた妖怪惑星クラリスですが、しばらく経ってからTwitterで新たなつぶやきが投稿され、動きを見せました。その内容をご説明します。

7月29日に公式Twitterが更新

突然のサービス終了劇を見せた妖怪惑星クラリスですが、サービス終了の約5か月後である7月29日に公式Twitterにまたしても突然ツイートを投稿しました。前回の投稿から約5か月経ってのことでした。

所有権を全て譲渡

そのツイート内容はKBK Labo.という会社に公式アカウントの所属権と「妖怪惑星クラリス」に関するデジタルコンテンツを全て譲渡する、今後どうゆう風に運用されるかはKBk Labo.次第という内容でした。

ゲームの復活は不明

このような内容でTwitterは更新される動きはありましたが、KBK Labo.にデジタルコンテンツなどが譲渡されたことにより復活するかどうかの詳細は明言されておらず、未定のままとなっています。

NEXT 妖怪惑星クラリスのLINEスタンプ登場