【桶川ストーカー事件】犯人と真相、ストーカー規制法の元の事件を解説!

桶川ストーカー事件は1999年埼玉県桶川市で起きた女子大生殺害事件です。事件が調べられるうちに犯人による執拗なストーカー被害や、警察のずさんな対応が明らかになりました。桶川ストーカー事件の概要、警察の対応と犯人の処分と現在まで詳しく紹介します。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

桶川ストーカー事件とは

現在から20年前の平成11年前、つまりは90年代1900年代最後の年に起きたストーカー殺人事件をご存知でしょうか?犯人は悪質で執拗なストーカーだけにとどまらず最期は私怨や勝手な嫉妬心により一人の女子大生を殺害してしまうのです。

実はセンセーショナルに扱われた事により、ストーカー犯罪にまつわる新たな法律が定められた事件としても知られており、更にはマスコミの行き過ぎた報道やいい加減な対応をした警察たちが問題視された事も有名なのです。これらの事は後程詳しく皆さんにご紹介していきます。ぜひ今一度ストーカーという悪質な行為について考えてみてください。

埼玉県桶川市の女子大生殺人事件

埼玉県のど真ん中でもあり、日本列島のど真ん中に位置する街である桶川市で卑劣で悪質な犯罪が起きてしまいました。それは一人の女子大生が複数の男性グループにより殺害されてしまうというものでした。そしてその犯行のきっかけとなったのは私怨や逆恨みによるストーカー行為が始まりとなってしまったのです。

事件が起きてしまったのは現在から20年前の平成11年、時期は10月後半で段々と肌寒く感じられる季節でした。そして平成18年の2006年までおおよそ7年にもわたり裁判が行われたのです。最終的なこの事件の判決結果や結末についてもこの後皆さんにご紹介していきます。

ストーカー規正法のきっかけになった事件

この事件をきっかけに日本で新たな法律の見直しが行われ、『ストーカー規制法』が立法されたのです。その名のごとくストーカー行為やそういった付きまとっての嫌がらせ行為を全面的に禁止できる法律で、場合によって処罰の対象になるというものです。刑法として定められているので、ストーカー行為は刑事事件として扱う事ができるのです。

他にも警察に相談した被害者の対象となるのは女性は勿論のことですが、男性であっても適応されます。また加害者側が異性ではなく同性であってもこの法律の対象となるのです。相談や通報を受けた警察側は被害者に、防犯ブザーやアラームなどの対策グッズを貸し出したり、ストーカー被害に強い弁護士を紹介する。という事もこの法律に定められているのです。

桶川ストーカー事件の経緯①犯行首謀者の異様な性格

この事件がどういった概要であるか大まかにお話ししていきましたが、振られた男性の身勝手な逆恨みからストーカー行為に走り、どんどんエスカレートしていって最終的には複数人で殺害してしまうという卑劣な事件だという事は理解して頂けたはずです。一方的に振られた異性が未練がましく失恋相手に嫌がらせをしてしまう事は多いです。

けれどもそれが行き過ぎたストーカーとなり殺害に至るケースは少なく、そこまでの犯行に及ぶという事は余程、性格が捻じ曲がっているか、人格が歪んでいなければそのような卑劣な行為に及ばないのです。つまり今回の犯行首謀者は異様な性格であったことが伺えますが、事件に至る経緯の中でもその歪んだ人格が垣間見れるのです。

桶川ストーカー事件の首謀者の性格①交際から別れまで

まずはこの事件の被害者である女子大生と異様な人格をした犯行首謀者の馴れ初めや出会いのきっかけから、別れる事になるまでのきっかけの出来事を一つ一つ詳しくまとめていきます。どこでどのようにして知り合い付き合う事になったのか?また交際当初はお互いの関係はどのようなものであったか?などを皆さんにご紹介していきます。

交際したての時はお互いまだ本質や本性が見抜けず、楽しい部分や良い一面しか知りえない場合が多いのではないでしょうか?この事件の2人のケースもそれが顕著になって表れているのです。色々な映画やドラマなどで行き過ぎた恋心や嫉妬心が仇となって、犯罪や罪を犯してしまうというのはよく題材にされています。この事件はそれが現実のものとなっています。

最初は優しい男性

2人が出会ったのは同年の平成11年の年初めの事でした。被害者である女子大生は埼玉県の都心部である大宮駅前のアミューズメントセンターで一人で遊んでいたのです。そこに犯行首謀者である男がナンパの様な形で声をかけて2人が知り合いました。そこで男は年齢や名前、更には職業を詐称していたのです。男は実際に年齢よりも若く見られました。

付き合いたての頃は、犯行首謀者はある裏の実業家であった事からお金を持っていたので、被害者女性に何でもプレゼントしたり、高級車で送り迎えをするなど、とにかく優しくてお金持ちの男性の印象を受けていたそうです。犯行首謀者はごく普通の企業のオーナーと偽って紹介していましたが、実は違法な風俗店を複数営むオーナーだったのです。

異様な性格が垣間見える

初めは物凄く優しい男性。というか何でもしてくれる何でも買い与えてあげる犯行首謀者でしたが、被害者女性はそれが過度であったため少し遠慮するようになります。自分のためにそこまでの大金を。と遠慮する事は当たり前の行為なのですが、その遠慮に対して犯行首謀者は自身の愛情や思いを拒んだと捉えてしまうのです。

そして被害者女性に『何故だ!』と怒鳴り散らしたそうです。それからというもののしばしばその異様な性格が垣間見れる様になったのです。例えば、今まで買い与えた物の総額分全て返済しろ。できなければ風俗で働かせる。お前の親をクビにするぞ。などと脅迫まがいな言動を繰り返したそうです。このあたりからあの優しさは全く無くなっていったのです。

態度が一変したきっかけ

上記に記述した交際当時の異様な人格が垣間見れた話はその他にもあり、被害者女性の友人と電話するのを禁止して、その友人のアドレスや連絡先が入っている携帯電話を二つに折るように命じたりする事もあったり、また被害者女性が大切に買っていた愛犬を殺害するという様な脅迫もされていたのです。そんな歪んだ交際が続いていました。

それに耐えられなくなった被害者女性は、犯行首謀者である男性に対して別れ話を切り出したのです。その旨を伝えると犯行首謀者は『被害者女性の父親を権力を使ってクビにする。それでも別れるのであれば被害者女性を精神的に徹底して追い詰める』と脅迫して、別れ話を切り出してからよりその悪質な態度がより一変したのです。

桶川ストーカー事件の首謀者の性格②別れを切り出した後の脅迫

NEXT 桶川ストーカー事件の首謀者の性格②別れを切り出した後の脅迫