物部天獄とは?リョウメンスクナを作った教団教祖の出生や呪いとは

物部天獄にとって日本が滅ぶメリットとは?

Free-Photos / Pixabay

明治後期から大正のころは戦争の時代でした。朝鮮支配をめぐる日露戦争が終わり日本が朝鮮を領有します。朝鮮人と言われる物部天獄が最後に書き残したように、日本が滅ぶよう呪いをかければ他国にメリットがあると思ったのでしょう。自殺後には、日中戦争や太平洋戦争などで日本がダメージを受けたのですから呪いの通りになったのではないでしょうか。

当時の日本と朝鮮の関係

robertwaghorn / Pixabay

この頃は戦争の時代で、他国との争いが絶えませんでした。そんな中、物部天獄の故郷の朝鮮と日本の関係は良いものではありませんでした。現在でもニュースに出てくる韓国(朝鮮)と日本の問題は根深くあります。

大正時代の日本と朝鮮

大正時代の日本と朝鮮は、先にも説明しましたが、日露戦争が終わり、日本が朝鮮を支配することになった韓国併合により争うことはないはずだったのですが、日本は侵略したとか植民地だとか思う朝鮮人もいたようです。日本と朝鮮は戦争をしたわけではないので合意の上、朝鮮を支配したと日本は語っています。

物部天獄という名はどこから?

Pexels / Pixabay

どこから付けられた名前のでしょうか。名前の由来は、話の中に岩手県の寺が出てくるので岩手県と繋がりがあるのではないかと思い調べてみました。

すると、岩手の盛岡冷麺は在日朝鮮人が盛岡で朝鮮半島名物の冷麺を店に出したことがルーツで始まったとされています。その昔から岩手には朝鮮人が住んでいたことが分かります。

岩手県にある地名

Free-Photos / Pixabay

なんと岩手県に”天獄”と付く住所があるのです。読み方は”てんごく”ではなく”あまたけ”と読みますが、もしかすると名前の由来なのかもしれません。でも、当時、朝鮮人が住んでいたであろう盛岡とは少し離れています。

物部天獄が作ったこけしが出回っている!?

出典:PhotoAC

オークションで有名なヤフオクに以前、明治時代の蔵に保存されていた物部天獄と書かれたこけしが出されました。現在ヤフオクで”鬼こけし”で検索してみると可愛らしい丸い角が生えたものがヒットします。これではありません。

物部天獄が作ったとされる鬼こけし

出典:PhotoAC

ヤフオクに出された、にこやかに笑った顔の通常のこけしは、茶色に色あせていて古びた雰囲気で、角が2本頭にくっつけたようなデザインでした。こけしには、物部天獄と書かれていましたが、書き方が現代風だったことや、出品者の他の出品物を確認した結果、このこけしは物部天獄ともリョウメンスクナとも関係ないだろうと言われています。

物部天獄のカルト教団は今どこに!?

Hans / Pixabay

日本のカルト教団と聞いて思いつくのは、日本中を巻き込んだ地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教ではないでしょうか。他にもたくさんの教団がありますが、その中に今回のカルト教団が該当するのでしょうか。

NEXT カルト教団の正式名は不明…