藤間静波の生い立ちや人物像|藤沢母娘殺人事件の概要と裁判での奇行

藤間静波は畑真輝子さんに交際を断られ、付きまとったあげく真輝子さんとその母親・妹を殺害、また共犯仲間など2名を殺害した藤沢母娘ら5人殺害事件の犯人です。この記事は事件の概要と犯人・藤間静波の生い立ち・人物像を詳しくご紹介します。

この記事をかいた人

テニス・旅行が趣味です。 共感できる内容や魅力のある記事を紹介したいと思います。

藤間静波が起こした藤沢母娘ら5人殺害事件

藤間静波事件と呼ばれているこの事件は、1982年に起きた神奈川県藤沢市で起きた殺人事件です。少年院で知り合った19歳の少年と共に3人の親子を殺害したあげく逃亡先で共犯の少年も殺害。3人の女性を殺害する前年には自分のお金を財布から奪ったという理由で仲間だった男性を殺害した事件です。

自己中心的な動機で母娘らを次々殺害した

stux / Pixabay

事件を起こした藤間静波(当時21歳)は、被害者の1人である真輝子さん(当時16歳)と出会い、一緒に出掛けることもありましたが被害者の真輝子さんは合わないと感じ避けるようになります。事件の1か月前には、真輝子さんの両親から警察に通報されたことなどから殺意を抱いています。

少年院で知り合った少年(当時19歳)を誘い親子3人を殺害しています。その後いつ警察に通報されるかわからないという身勝手な考えから共犯の少年を兵庫県で殺害します。また、事件の前年には以前の犯罪の共犯者をお金を返さないことを理由に、証拠を残さないようにするなど計画的に殺害します。

裁判でVサイン・藤間静波の奇行

succo / Pixabay

逮捕された後の取り調べや裁判等でも行動や言動など奇行は続きます。弁護士に心を開くことはなく無罪のみを主張していたそうです。裁判が続く中自らの主張を翻し反省しているから情状酌量の量刑にもっていくよう方向性を変更したり、報道陣や傍聴席にいる人に向けてVサインを送るなど通常では考えられない奇行をしています。

藤間静波の生い立ちと性格

KlausHausmann / Pixabay

3人の女性と仲間2人まで逆恨みなどから殺害してしまった犯人の生い立ちにはどのような過去があったのでしょうか。幼少期からの母親からの愛情のことや家族に裏切られたことがあることから家庭環境にも問題があり猜疑心が強くなったことが伺えます。

「何で差別するんだ!」妹ばかり可愛がられた

Tumisu / Pixabay

幼いころは母親から溺愛されていましたが、小学4年生の時に妹が産まれると母親の愛情は妹に向けられています。妹はピアノを買ってもらったりしていたため、このころから口癖は「何で差別するんだ」という言葉だったそうです。

学生時代は影の薄い自己愛が強い性格

geralt / Pixabay

小学生の時は、自分より弱い立場の人間(下級生・女子生徒)をいじめていたが中学生になると暴力は母親へと移ったとされています。中学の卒業文集では「自分のことを忘れないで」と綴っていたが事件後覚えている人は殆どいなかったことから、印象の薄い生徒であったことが伺えます。

中学を卒業後は高校にはいかず、仕事をしていましたがすぐに辞めてしまうなど職を転々としていました。どこにでもいる不良に思われるが仲間が多かったなどの話はなく孤立していた状態だったと言えます。一方で、お酒やタバコなど自分の体に害となるものはしないという自己愛は強い人物でした。

窃盗で少年院へ家族も静波の受け入れを拒否した

1977年に事務所荒らしで、1978年にひったくりで逮捕されたことにより少年院に入っています。退院後の翌年に家庭内暴力により我慢の限界となった父親が盗品を警察所に持ち込んだことにより再逮捕され再び少年院に入っています。

1981年に少年院から退院しますが、家族は受け入れることを拒否します。その後家に入れてもらうことはできましたが、何もしていない妹を突然殴るなど暴力や生活態度に改善は見られなかったそうです。

猜疑心が強い性格

NEXT 猜疑心が強い性格