紫陽花の花言葉は怖い?その理由や色によって変わる花言葉一覧まとめ

ヨーロッパの紫陽花は赤色系

日本の土壌は酸性よりですが、ヨーロッパの土壌は逆にアルカリ性となります。ヨーロッパは日本と比べて雨の量も少なく、土壌が酸性にはなりにくいためです。そんな土壌で育つあじさいは赤色に近い色となります。

紫陽花の種類一覧

あじさいは品種改良が盛んに行われていて、品種は驚く程の数があります。これは園芸用として見た目など綺麗に良くするためです。

ここからはそんな数あるあじさいの品種の中から代表的なものを5つ紹介していきたいと思います。皆さんの知っている品種があるかもしれません!

紫陽花の種類①ヤマアジサイ

主に福島県から四国、九州にかけて見られる品種です。湿度の高いところや沢沿いによく見られ、別名のサワアジサイという名前はここからきています。

ガクアジサイと同じように花の咲き方はガク咲きとなり、ガクの色は白色や少し青みを帯びた白色、少しそり返るのが特徴です。稀にですが紅色のヤマアジサイも見られます。

紫陽花の種類②アメリカノリノキ

ヤマアジサイとは違い北アメリカが原産のアジサイの種類となります。有名なのはアメリカノリノキの品種の一つであるアナベルです。

この品種は花が集まって丸くなり、直径は大きいもので30cmにもなります。花の色は白色が一般的ですが、ピンク色のアナベルもあるようです。

紫陽花の種類③ノリウツギ

北海道から九州まで幅広く生育している品種です。私たちがよく見るあじさいは花が丸く球状になっていますが、このノリウツギは花が円錐状の形になるのが特徴です。白色の花が咲き、花が枯れると茶色くなりそのまま来年まで残ります。

紫陽花の種類④カシワバアジサイ

この品種は北アメリカに分布する北アメリカ原産のものとなります。名前の由来は葉っぱが柏に似た形のためそう呼ばれています。

ノリウツギと同じように花が円錐状になっているのが特徴的で普通のあじさいと比べて少し遅い夏の時期に開花します。花の少ない夏の時期に開花することから目立つ花でもあります。

紫陽花の種類⑤タマアジサイ

関東地方や東北地方に自然に生育しているあじさいの一種です。名前の由来は花が咲く前の蕾が丸く手毬のようになっているため、そう呼ばれています。

品種によっても違いますが、白色や水色、薄い紫色が一般的です。日本ではあまり栽培されませんが欧州では庭園用として人気があるようです。

紫陽花はプレゼントしてもいいの?

あじさいは多くの花言葉があり、良い花言葉もあれば冷酷・無情・浮気など悪いものもあります。

以前はそんな花を祝い事や特別な日に使うことは少なかったのですが、ジューンブライドに咲く花や可愛らしい形や綺麗な色、一家団欒などの良い花言葉も知られてきて結婚式や母の日の贈り物として人気が出てきています。

NEXT 母の日に紫陽花をあげる注意点