ヘビクイワシとは?生態を画像付きで紹介!人気上昇の理由、会える動物園も!

ヘビクイワシのキック動画

ご紹介した動画の中では本物のヘビではなく、ゴム製のヘビを使用していますが、本物と思いこんだヘビクイワシは本気のキックを繰り出しています。小さなヘビに対して器用に頭を確実に狙い、一撃必殺を繰り出しているのが動画の中でも見て取れます。

動画に移っているヘビクイワシは飼育されている個体のため、本物のヘビではなくおもちゃのヘビを使用していますが、飼育されている個体であっても本能的にヘビを的確に攻撃している事から、その種としての特徴である事も伺えます。

ヘビクイワシの生態

彼らはサバンナに住んでおり、基本的には地上で生活をしています。しかし、翼が退化して飛べないダチョウとは違って、飛行が可能です。また繁殖の時には木の上に巣を作り、長く同じ巣を使い続けるという特徴を持っています。

猛禽類の仲間であるヘビクイワシですが、同じ猛禽類の中で人気を集めているハリスホークという鳥をご存知でしょうか。実際にペットとして飼育も可能であり、飼っている方もいらっしゃるハリスホークに関してはこちらの記事でご紹介させていただいております。

ヘビクイワシの生態①基本は夫婦で行動!たまに群生

滅多な事がない限りはペアで行動しており、野火が起こったりすると火から逃れるように草むらから飛び出した獲物を狙うように群生を成すことがあります。しかし一度できたペアは一生、解消されることがなく、生涯番で生活しています。

また、一度ペアを作ると、木の上に巣を作り、何年にもわたって同じ巣を使いまわしをして、子供を増やすという行動様式もヘビクイワシの特徴ではないでしょうか。まさしく、鴛鴦夫婦を形成する鳥の一種です。

ヘビクイワシの生態②ワシだけど歩行が得意?

ワシという名前を持ちますが、基本的には歩いて生活しており、毒ヘビを食べる時には、ヘビの頭部を自慢の足で連続蹴りを入れて、弱らせてから噛まれる心配のない状態で捕食を行います。その様子はとてもユニークで動画などでもその姿を見る事が可能です。

ヘビクイワシのヒナ

様々なヘビクイワシを飼育している動物園において、ヘビクイワシの繁殖が行われています。東武動物公園などでは、ヘビクイワシのヒナが育っている様子をFacebookなどでも写真で更新しており、実際のお披露目までの姿も画像で観察することが可能です。

記事の中でもご紹介させていただきましたが、ヘビクイワシは生涯同じオスとメスで生活します。そして生物界では珍しく、オス鳥も協力してヒナを育てるとされています。それによって繁殖力も雌だけで育てるよりは向上しているのかもしれません。

その姿は灰色

ヒナの羽毛はまだまだ生えそろっていないため、ホワホワの羽毛のような状態で体をまとっています。また、白い綺麗な羽毛が特徴的なヘビクイワシですが、ヒナ鳥の持つ羽毛は灰色なのです。しかしながら、東部の黒い羽根はヒナの時からしっかりと持っています。

赤い目元

大人になると黄色い目元が特徴的なのですが、ヒナの時には、目の周りが赤く、成長と共に見慣れた黄色に変化していきます。大人の姿とは部分的に見ると違う点が多いヒナ鳥ですが、見ただけでヘビクイワシだとわかる理由はそのスラっとした長い足や黒い羽毛などの特徴なのかもしれません。

ヘビクイワシは地上で最も美しい鳥!その理由とは?

地上で最も美しい鳥と言われています。様々な鳥が美しい姿を持っている中、なぜ彼らが地上で最も美しい鳥と言われているのでしょうか。ここではヘビクイワシがそう言われている理由を詳しくご紹介させていただきたいと思います。

ヘビクイワシの見た目の特徴①長いまつげ

何といってもその魅力は、信じられないほど長いまつげを持っている容姿ではないでしょうか。その姿は現実の生き物かと疑う程に神秘的で美しく、何時間でも見入ってしまうほどの美人な姿です。インターネット上にもその美しい見た目が数々アップデートされています。

NEXT ヘビクイワシの見た目の特徴②神秘的な羽毛