【豊田商事会長刺殺事件】概要と黒幕の考察、犯人の現在まで徹底解説!

豊田商事会長刺殺事件とは1985年、詐欺事件の渦中にいた豊田商事の会長、永野一男が詐欺事件の取材で集まったマスコミたちがいる中、押しかけた2人の男によって刺殺されたという事件です。豊田商事会長刺殺事件について、概要と犯人の現在、黒幕説を徹底解説します。

この記事をかいた人

読みやすい記事を心がけています。2人の男子を育てるシングルマザーです。

豊田商事会長刺殺事件とは

2人の男がマスコミ陣の集団に割って入り込むかのように現れ、人だかりの中で刺された暴動です。まるでサスペンスドラマを見ているかのような出来事でありました。

その一部始終がテレビで放送され世間は一瞬にして恐怖と驚きに襲われました。なぜ人前で残忍な犯行に至ったのでしょうか?お金と闇の存在について当時を振り返ってみたいと思います。

被害総額2000億円の詐欺事件

kalhh / Pixabay

1985年の大阪市北区で発生した人を騙し、お金を搾り取った悪質な事件です。豊田商事が起こした大規模詐欺がきっかけで騒動となったとされます。

言葉を巧みに操り、いい話を匂わせ高齢者を中心にターゲットとしました。数万人が被害にあったとされ、総額およそ2000億円にもなる日本史上最悪の悪質なトラブルとして知られています。

永野一男会長(当時32歳)刺殺の様子が生中継

geralt / Pixabay

6月18日のジメジメとした梅雨が始まった時期に騒動は起きます。会長である永野一男の逮捕が決まり、報道陣やマスコミが彼の住むアパートへぞろぞろと押し寄せて姿を撮ろうとしていました。

2人の男が、お金を騙し取られた怒りの代表者のように、大勢人が集まる中を割り込み突如現れます。テレビカメラがまわっている中で刺殺され、その様子が放送されました。

geralt / Pixabay

即病院へ運ばれましたが、お腹の傷が深く致命傷となっており、息を引き取ったことが確認されました。突然の出来事で、予想もしなかった事態に周りは騒然とします。

テレビスタジオではアナウンサーが子供には見せないでほしいと懇願し、報道では今までにない異例の対応もみせました。

豊田商事会長刺殺事件の概要

NEXT 豊田商事会長刺殺事件の概要