絶滅危惧種!?オヤニラミの飼い方や習性など

必要な道具をそろえる

最低でも水槽、ろ過装置、ヒーターが必要です。まずは水槽ですが、単独飼育であれば、45cmの水槽で飼育できます。複数飼育の場合は、オヤニラミにテリトリーを与えてあげるために60cm以上の水槽で飼います。

オヤニラミはきれいな水質を好みます。水質悪化を防ぐために、ろ過能力の高いろ過装置が必要です。ヒーターはサーモスタット付きヒーターがおすすめです。水槽内の理想の水温は20度くらいなので、夏は上がりすぎないように冬は下がりすぎないように、温度調節機能のあるサーモスタット付きヒーターを使用しましょう。

オヤニラミの販売について

オヤニラミは、淡水魚の専門店や熱帯魚店、そしてネットショップでも販売されています。オヤニラミの価格は500~2000円が平均的な価格です。この価格は、あくまでも平均的な参考価格です。

オヤニラミの飼い方・飼育方法

本来生息している、川底を再現するために水槽の底に砂を敷いておきます。多めに入れると落ち着きます。オヤニラミは餌をよく食べるためフンが多いので、念入りに掃除をします。きれいな水質を好むため、掃除は抜かりなく行いましょう。

オヤニラミと混泳について

基本は単独飼育

オヤニラミは気性が荒く縄張り意識が強いので、基本的には一匹での単独飼育が理想です。他の種の魚と混泳する際は、注意が必要です。非常に攻撃的な性格から、多種の魚を同じ水槽で飼うと餌になってしまう可能性が高いです。そのため、単独飼育が望ましいです。

混泳できる魚種

オヤニラミより大きな魚など混泳できる魚もいますが、すべてが攻撃対象ではないとは言えないので混泳には十分な注意が必要です。フナ、コイ、タナゴ、ドジョウなど自分とは形や大きさが違うには興味を示さないことが多いようです。

オヤニラミ同士の複数飼育について

もしオヤニラミ同士を複数で飼育するのであれば、大きな水槽で飼い流木や水草でオヤニラミのテリトリーを作りやすいようにすることが理想的です。2匹で飼うのは喧嘩をしやすくなるので極力避け、3匹以上で飼うことが理想です。また、複数飼いをする場合は万が一いじめられる子が出た時のために1匹用の小さめの水槽を用意しておくといいです。

オヤニラミがかかりやすい病気

オヤニラミがかかりやすい病気について解説していきます。オヤニラミにはこれ以外、ほかにもかかりやすい病気はありますが、ここでは代表的なものに触れます。

エラ病とは

エラ病とはエラに細菌などがついてエラの機能が阻害され。エラの機能不全のためおこる呼吸障害が主な症状です。末期になると呼吸困難により衰弱死してしまいます。命にかかわる病気なので、発病したらすぐ治療をすることが必要です。

エラ病は「エラぐされ病」とも呼ばれることがあります。呼吸が早まって、口呼吸している様子がみられ、エサを食べても吐き出してしまいます。

(引用:PECO[ペコ])

水カビ病とは

水カビ病とは外傷などにより炎症を発生させる病気です。

外傷やほかの寄生虫によって傷ついた場所に菌がついて発症し、外観に綿毛状の菌糸体を形成、炎症を発生させる。治療にはマラカイトグリーンが有効であるが、2005年に食用の養殖魚への使用が出来なくなった。観賞魚の治療薬としてはマラカイトグリーンの他にメチレンブルーなどが用いられる。

(引用:Wikipedia)

NEXT ポップアイとは