「陰キャ」とは?意味や特徴をご紹介!陰キャ診断や陽キャになる方法も!

ネットでよく目にする「陰キャ」は、日常会話でも耳にすることが多いワードです。ここでは、陰キャと呼ばれる人たちの特徴や、用語の使用例などをまとめていきます。脱陰キャするための方法もご紹介しますので、この記事を読んで陽キャデビューを果たしましょう!

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

「陰キャ」とは

harutmovsisyan / Pixabay

ひと昔前まではイケてない人やちょっと暗くて垢ぬけて無い人なんかの事を『オタク』や『根暗』なんていう言葉が言い表してきましたが、最近ではこの言葉に移り変わってきました。そして前まで以上にその線引きや区別がなされるようになってきたのではないでしょうか?

今回のテーマは『陰気なキャラクター』の略語として知られていて、最近しばしば耳にするこの言葉。意味はそのままですが陰気な性格の持ち主です。現代では日常的に使っているこの言葉ですが、具体的な線引きとか定義などはあまりよく分かっていないのではないでしょうか?今回はこの言葉の詳細や意味を深く考察、解説していきます。

陰気な性格の人を意味する俗語

jwvein / Pixabay

反対の陽気なキャラクターたちと比べてあまり日の当たらない場所でひっそり静かに生活している陰気なキャラクターたちは、人の目や他人の目をこそこそ気にしながら、伺いながらなるべく目立たない様につつましく過ごしているのです。今回はそんな性格の持ち主のあるあるエピソードや脱陰キャのススメを皆さんにご紹介していきます。

現代社会においては若者たちから生まれたとされる多くの俗語が日常的に広く知られていて使われているのです。笑うという言葉から『ウケる』『ワロタ』『www』などが俗語として生まれて使われて気ましたが、最近では『草生える』という表現で言い表されているのです。その『草生える』について興味のある方はこちらの記事を読んでみてください。

陰キャの特徴①性格

ElisaRiva / Pixabay

なんだか暗くて冴えないイメージが強いがありますよね。どうしてそんなイメージを持ってしまったり先入観が働いてしまうのでしょうか?勿論見た目やルックスによる部分の影響もありますが、やはりそのキャラクターが顕著に表れるのは内面的な部分、つまり性格や人格なのではないでしょうか?

暗かったり静かだったり、あまり笑顔が見られなかったり、無口であったりとどれもその人の性格から表れるものなのです。では早速ですが一番の特徴ともいえる性格について考察してまとめていきます。皆さんも当てはまるかどうか確認しながら読んでみてください。

暗くていつも悩んでいる

クラスや職場でもいつも端や隅の方にいて、あまりしゃべらず皆と溶け込めず、どこか表情もこわばっていて笑顔が見られず哀しい顔をしている様な人。そういう方は性格が暗いのではないでしょうか?学生時代だと他の生徒たちは年頃を考えても、落ち着きが無かったり大変明るい子が多いのです。なので余計に暗い性格が目立ってしまいます。

暗い性格の人たちは自身で意識しなくても、反対の性格の持ち主から客観的に見たらどこか話しかけないでオーラが出ている様に見えてしまいます。また悩みごとの有無に関わらず、いつも思い詰めていたり悩んでいると勝手に思い込んでしまう事も少なくないのではないでしょうか?このような性格も特徴の一つなのです。

大人しく友達が少ない

Bessi / Pixabay

やはり華の学生生活と言われているくらいですので、クラスでも明るく五月蠅いくらいの人物が多いのです。一方でいつも慎ましく静かで大人しい人物も存在します。そういった方は性格や内面が元々無口であったり大人びていたりするのです。

明るくはしゃいでいる人物を見ると心の中では嘲笑っている。かどうかは分かりませんが、他の人たちの一部からはそういう風に見えてしまうものなのです。やはり学生生活の中ですとまだ精神的にも肉体的にも若いので必然的に明るく元気な子が多く、対照的で大人しいとなかなか溶け込む事ができず友達が少ない傾向もあると考えられるのです。

コミュ障

sasint / Pixabay

まだ小学校低学年であったり幼少期では人と話す事も抵抗なく言いたいことを素直にハッキリ言える子が多いですが、段々と成長していくと物心がつきはじめ人よりも、他人からどう思われているのか気にしたり、何を話したらいいのか分からなかったり、恥ずかしさを感じてしまう人格や性格になってしまう事があるのです。

そんな風な人格や性格になってしまうと、同年代の他の子たちだけではなく年上の人たちと会話する時もあれこれ考えてしまい言葉が出ず、コミュニケーション障害に陥ってしまうのです。そうなれば他人からは自然と大人しかったり暗い性格とイメージが付いてしまいます。

複数人での話には入れない

Free-Photos / Pixabay

1対1だったら普通に話ができたり会話ができるのに、複数人での話やディスカッションになると急に黙り込んでしまう。自分が発言するタイミングが分からなかったり複数人だと緊張してしまうなど原因は様々ですが、1人黙り込んでしまうとそのグループからしたら、根暗や大人しいと先入観が働いてしまいがちです。

自分に自信がない

NEXT 自分に自信がない