本物の心霊写真特集!閲覧注意!ゾッとする写真や見分け方や対処法を紹介!

本物の心霊写真は実在するのでしょうか?本物の心霊写真は確かに存在し、危険だからこそテレビ番組での放送がお蔵入りになったこともあります。本物の心霊写真大特集に加え、見分け方などもご紹介致します。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

本物の心霊写真とはどんなもの?

Free-Photos / Pixabay

本物の心霊写真を見たことがあるでしょうか。テレビではよく心霊写真モノの特集などが組まれ、その多くの心霊写真を目にすることができますが、本物は中でも一部といわれており、非常に少ないといわれています。

そして、決して頻繁に撮影できるものではありません。だからこそいったいどんなものなのか、漠然と怖いとだけしかイメージのないものだと思います。そこでこの記事は、これらの写真がどういったものなのかを調べていきます。

本物の心霊写真とは、霊体や不可解なものが写り込んだ写真

KELLEPICS / Pixabay

本物とはいったいどういうものを言うのか、調べてみたところそこには霊体や不可解なものが写り込んだものを指して言うようです。例えば、霊であれば生霊や怨霊、浮遊霊など、そこにいるはずのないものが写り込むことになります。

霊はまだその存在が科学的には証明されてはいませんが、そこに映るときには不自然な移り方をしており、例えば高層階での撮影条件なのに、背景になぜか入るはずのない人や顔が映り込んだりといった形に映ります。

KELLEPICS / Pixabay

また、水面の中から不自然に顔や手足が出ているなど、そこには撮影時に絶対に人がいなかったであろうシチュエーションにも関わらず映り込んでいるケースも多いようです。体の一部が消えているケースもこれにあたるでしょう。

さらに、不可解なものが写り込むケースも少なくありません。例えば、良く知るのがオーブ。光の球体のようなものがいたるところに映っていたり、体にまとわりつくように映っていたりと色々なパターンがあります。

Tama66 / Pixabay

光が不自然な色や屈折を起こして映り込むケースもありますし、通常の撮影をしているのに自然現象ではままずありえない光やそのほか不可解なものが写り込むこともあります。

本物の心霊写真は全体の僅か20〜30%程度

705847 / Pixabay

多くの特別番組や企画で取り上げられることの多い写真ですが、しかし全て本物かといわれれば、そうではありません。実は現在本物のといわれているものは全チアの僅か20~30%程度だといわれています。

では残りの70%ほどはというと、これらは全て合成画像やメイキング映像ではないかといわれているのです。そもそも霊が映り込むという現象がそうそう起こるモノではありません。

simonwijers / Pixabay

そのため色々な所で紹介されている画像の中には一部合成画像や目の錯覚、あるいは撮影環境が影響し不可解なものが写り込んでいるように見えているだけなのです。

本物の心霊写真は存在自体危険

TheDigitalArtist / Pixabay

偽物もあふれているそんな状況の中で、本物も幾分か油断されがちですが、しかし本物の場合は決して軽んじていいものではなく、一部はその存在自体も危険といわれるものもあるので注意が必要です。

もちろん本物の場合でもすべてが危険という訳では内容ですが、一部は存在自体が危険なため、所有者に危険が及ぶケースもあるようなのです。例えば映り込んだ以降、体調が良くないといったケースもあります。

cocoparisienne / Pixabay

また、家の中で不可解な現象が起こるようになるケースや、画像内で消えてなくなっている体の一部において怪我や事故に巻き込まれるといったケースもあります。不可解な現象ですが、撮影後に何らかの犠牲が伴うこともあるのです。

また、写真に写り込んだ例によって呪われているケースもあります。こういった存在自体が危険なものもあり、これらはお祓いを必要とするほどです。周囲で何か違和感を感じる様な事が起これば、それは写真が呼び起こした危険信号かもしれません。

本物の心霊写真大特集!〜身体の一部編〜

Mysticsartdesign / Pixabay

ここからは本物と噂されるいくつかの例を紹介していきまあしょう。どれも本物といわれており、また、多くの人から注目を集め今でも驚きと恐怖を刻み込んでいる写真になります。

本物の心霊写真(身体)①殺された男の子の姿が?

NEXT 本物の心霊写真(身体)①殺された男の子の姿が?