大津いじめ事件の全貌!加害者の現在やその後の影響、学校の問題点とは

大津いじめ事件は当時中学2年生の男子生徒がいじめを苦にし、マンションから飛び降り自殺をした事件です。この記事は大津いじめ事件の加害者、木村束麿呂・山田晃也・小網健智や加害者の親、隠蔽体質が露呈した学校や教育委員会について詳しくご紹介します。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

大津いじめ事件とは?

Anemone123 / Pixabay

中学2年男子生徒が亡くなった悲惨な事件。過去にはないほどの衝撃的な事件で有名ですが、事件内容はもちろんのことその周囲の対応にも非常に心に残るものがありました。過去に起きた事件のあらましについて紹介していきましょう。

異例の実名報道!加害者は同級生3人のいじめ自殺事件

lxxxm379 / Pixabay

近年まれに見る衝撃的ないじめ事件として知れ渡ることとなるこの事件。中学生という若さで自殺という最終手段を取らざるを得ず、非常に悲しい出来事でしたが、衝撃的なのはいじめの内容だけではありませんでした。

というのも、実名が取り上げられ公表されたのです。一般的な事件発生時は、未成年の犯罪の場合加害者の名前が伏せられるケースが多いようですが、今回は加害者実名がはっきりと公開されました。

www_slon_pics / Pixabay

ましてやいじめの内容も非常にひどいもので、当時被害者男子生徒には蜂の死骸を口に入れさせようとしたり、口に粘着テープを張って背中をけるなど壮絶ないじめを受けていたと言います。この事件でどれほどのことに少年が苦しんでいたのか当時大きな波紋を呼びました。

また、事件の大きさもですが、その後この事件がきっかけでいじめ防止対策推進法が制定されたことも大きな出来事となりました。一連のいじめは決してあっていいものではなかったですが、大きな出来事として話題となっていったのです。

学校・教育委員会の隠蔽体質に非難殺到!

StockSnap / Pixabay

同級生から苦しめられたこの少年の背景には、学校側の体制にも問題があったことで話題を呼ぶこととなりました。というのも学校側は男子生徒が同級生から暴行を受けていたとう事実を把握していたのです。

しかし、把握しながらも学校側は「喧嘩として認識」という非常に粗末な認識であり、その後全校生徒向けアンケートでは、その結果が自分たちに都合の悪い結果だったという理由で隠蔽しようとし、後にこのことが発覚して大きな批判を浴びることとなりました。

mozlase__ / Pixabay

いじめの内容はもちろん加害者が悪いものですが、学校側がこの事件をもみ消そうという動きが感じられ、その隠ぺい体質に避難が殺到したことも、この事件が話題を呼んだ一因となっています。

大津いじめ事件の全貌

Anemone123 / Pixabay

同級生からのひどい扱いを受けた男子生徒は自ら命を絶つまで非常につらい日々を送っていたといわれます。その生徒のようなつらい思いをする人間が二度と生まれないようにするためにも、詳しく事件の全貌を把握するところから始めましょう。

男子生徒が受けていたいじめ

pixel2013 / Pixabay

事件を時系列順に見ていきましょう。まず、同級生からの暴行問題が起きていたのは滋賀県大津市にある市立皇子山中学校に通う13歳の男子生徒でした。

その男子生徒は2011年9月29日の体育祭の日にいじめ目撃に合います。昼食時に鉢巻きや粘着テープで口を閉じられ手足を縛られているところ担任以外の教員に目撃されていました。

Counselling / Pixabay

もちろん、この時教員は止めに入っていますが、翌月10月8日には被害者男子生徒の家におしかけ、貴金属や財布を盗んだという事実があるようです。

これらのいじめは何もここから始まったものではなく、日常化しており男子生徒はかなり前からいじめに悩んでいたようです。

自殺前日に「もう俺死ぬわ」

ribkhan / Pixabay

同級生から暴力を振るわれた被害者の男子は、毎日がつらく生活をしていたといわれています。そんな中、被害者の男子は思いつめ、最終的に自殺という最後の手段を選ぶことになったようです。。

自殺の前日には、それをほのめかすようなメッセージを加害者側に送っており、「もう俺死ぬわ」とメールを送っていたのだそうです。しかし、これに対しても加害者らは面白がって遺体を探す始末で、メールに対しても「死ねばいいや」と返していたと言います。

いじめを苦に飛び降り自殺した

NEXT いじめを苦に飛び降り自殺した