狙ったポイントに届かないときにはフロートリグ!特徴と使い方のまとめ

表層~中層を狙うシーンで効果的!

タマズメから夜にかけて、表層付近で活発化するプランクトンや小魚に群がるメバルを狙うシーンでは、ちょうどその目の前にルアーを届けることができます。また、アジが深い層にいて、あまり上層まで上がってはこないような際に、中層付近に絞ってジグヘッドを集中的に上下させるシーンでも有効です。ジグ単体のように放っておくと仕掛けが沈んでしまうことのないフロートリグならではの釣り方ですね!

フロートリグの作り方

「フロートリグ」の作り方には仕掛けのかたちに応じて2種類の作り方があります。ひとつはこれまで一般的に使われてきたスタンダードな「中通し式」。もうひとつが先ほど紹介した飛距離をより出せるように開発された「Fシステム」です。

中通し式

ライトソルトゲーム向けの仕掛けの多くが採用しているのが「中通し式」です。道糸にフロートを通してその先にリーダーを繋ぎます。スイベルで動く範囲を制御して、そのあとにリーダー、ジグヘッドを繋ぐ方法です。作り方がとてもシンプルなので、ジグヘッドを用いたアタックを経験された方ならすぐに作ることが可能です。

Fシステム

「Fシステム」は飛距離をより&感度アップを実現できる新しいフロートリグシステムです。リーダーと道糸をノットで綱井だ。もうひとつが時にでる余りの海岸に行く事いとも、ジグヘッドに、さるかんのメリットを着けたフロートを結ぶことで作成できます。キャストの際にフロートが先行して飛ぶので、仕掛け全体の飛行姿勢がよくなり、飛距離を出すことが可能です。また、フロートがリーダー部分に干渉しないので、ジグヘッドからの感度も向上しています。

フロートリグの使い方

使い方は非常にシンプルです。基本的にはフロートがあり遠投が可能であることをいかして、フルキャストで広範囲を探ります。そこから「ストップ&ゴー」、あるいは「ただ巻き」で巻いてくるだけ。これだけで、表層付近にいるアジやメバルにアピールすることができます。

使い方① ストップ&ゴーではどう?

「フロートリグ」を用いたアタックで「ストップ&ゴー」をすると、ジグヘッドが「カーブフォール」していきます。なぜ「カーブフォール」が起こるかというと「フロートリグ」リトリーブしてる間は水の抵抗をうけるので、ジグヘッドは表層付近に浮上します。そこでストップすると、フロートを起点にジグヘッドはカーブを描いて沈んでいくからです。この「カーブフォール」を利用して魚を惹き付け、バイトを誘発していきます。

使い方② ただ巻きではどう?

より簡単な方法は表層を「ただ巻き」していく方法です。巻くスピードは釣るその日の天候や場の活性度によりますが、同じ速度でリトリーブすることがポイントです。早めに巻けば、ジグヘッドは水面近くに浮上してきますし、ゆっくりと引けば、ジグヘッドは水面より少し下の層を進むことになります。当たりはコツコツと散発的に連続するので、慌てないでしっかりとティップに重みがかかってから合わせるようにしましょう。

フロートリグのターゲット

「フロートリグ」では水面付近を回遊している魚が主なターゲットです。特に現在のライトソルトゲームの代表格である「メバリング」「アジング」、つまり「メバル」と「アジ」がそのメインターゲット。ここでは人気の高い2つの魚に焦点をあてていきます。

NEXT メバル