[レジェンド校長]高島雄平の売春伝説!家族は?執行猶予が切れる現在も

レジェンド校長の「偉業」をたたえるネット民

kaboompics / Pixabay

そんなレジェンド校長は別の場所でも人気があります。それはインターネットの世界です。数々の行動を偉業とし、それがたたえられています。そんなインターネットの世界でどんな動きがあったのか紹介いたします。

高島雄平につけられた数々のあだ名

Settergren / Pixabay

まずネット上での彼に対する動きとして、数多くのあだ名がつけられました。偉業はやはり前例がないためあだ名がつけやすく、ネット民が盛り上がる為の恰好の的となりました。それではそのあだ名のほんの一部を紹介いたします。

高島雄平のあだ名を紹介!

Free-Photos / Pixabay

本当に数えればきりがないほどなんですが、やはり性的な表現が多いですね。「たった一人で統計学に立ち向かう男」や「校長を固有名詞にした男」などがあり、どれも皮肉な感じは否めないですね。「俺が住んでる所の人口より経験人数が多い男」なんてのもあります。

高島雄平のbotも!

Comfreak / Pixabay

Twitterではbotも存在するほど有名になりました。botとはロボットが語源で、ある特定の条件下のみに反応する自動発言システムのことです。特定の時間になると自動で発言したり、特定のワードに反応してリプライをするといったシステムのことです。

レジェンド校長買春再開か!?

JillWellington / Pixabay

とんだ形で人気者になってしまった高島雄平さんですが、今は引き籠り生活を送っています。では今後はレジェンド校長に戻る可能性はあるのでしょうか?この先再びフィリピンに渡航する可能性はあるのでしょうか?彼の今後のことを考察してみましたのでご覧ください。

レジェンド校長は今年執行猶予が切れる

PublicCo / Pixabay

高島雄平さんは今年に執行猶予がとけます。晴れて自由の身となりますが、そこで一つの疑惑が生まれます。今後も買春行為を繰り返すのではないかということです。前述したとおり気力などがないとは言っていますが、実際のところはわからないですからね。

レジェンド校長のフィリピンへ渡航の可能性は?

dadaworks / Pixabay

そうなってくると一番疑わしいのは再度フィリピンに行くことです。が、これはありえないのです。実は彼は現地の政府から渡航の禁止命令が下されています。よって渡航することはできませんので、フィリピンでの買春行為のは不可能となります。あくまでフィリピンではです。

さすがに政府からの命令となれば、渡航は不可能となりますが、東南アジアの国々には、まだまだ買春行為を取り締まりきっていない国もあります。逆にいえば買春がない国なんてものはないといっても過言ではないので、この先彼が買春をしないとは言い切れません。

レジェンド校長は売春で数々の伝説をつくった男

ivanovgood / Pixabay

レジェンド校長についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?やはり犯した犯罪が性的なことなので、不快に思う方も少なくないかと思います。しかし掘り下げてみればこの犯罪も、立場をかえて見てみれば善行だった訳です。何とも言えない気持ちです。

買春行為・経験人数・性癖などで多くの伝説を残したレジェンド校長・高島雄平さん。伝説の内容がすごすぎて、忘れることもできずに今後も語りつがれることとなるでしょう。しかしその伝説の裏には悪意だけではなかったこともまた事実です。

NEXT 島袋光年に関する記事はこちら