キジハタ(アコウ)のさばき方&簡単料理10選をご紹介します!

キジハタの3枚おろしを写真で紹介

ウロコを取る

出典:Youtube

包丁の背やうろこ取りでウロコを取ります。最後に水でキレイに洗い流し水けをキッチンペーパーで拭き取ります。ぬめりがあったら塩をふってから洗ってみてください。キジハタはエラの部分に尖っているところがあるので、十分に注意してください。

頭と内臓を取る

出典:Youtube

腹ビレの付け根から胸ビレの右側にかけて、切り込みを入れます。内臓を切らないように注意しましょう。頭の上も背骨にあたるところまで切り込み、背骨を切り落とします。反対側も同じようにして、ゆっくり頭を引き出すと内臓も一緒に出てきます。

お腹をキレイに洗う

出典:Youtube

肛門からお腹まで、軽く切り込みを入れます。血合いや内臓の汚れなどを綺麗に流水で洗い流します。先ほどの行程で内臓が破れてしまっても、ここで綺麗に洗い流せば問題ありません。血合いが残ると生臭さが残るので、歯ブラシなどを使って綺麗に落としましょう。

片身をおろす

出典:Youtube

尻尾の付け根に切り込みを入れておきます。肛門からお腹まで切り込みを入れたところを、今度は中骨に沿って頭から尻尾まで切っていきます。キジハタを逆さまにして、背中側を開いていきます。背びれの上に包丁を入れ、中骨に沿って尻尾から頭まで切っていきます。次に軽く身を持ち上げながら、背骨の上に沿って身を切り離していきます。もう半分も同様に開いていきましょう。

腹骨をそぎ落とし、小骨を抜く

出典:Youtube

腹骨を軽く手で押さえて、スーッとそぎ落としていきます。手を切らないように注意しましょう。小骨を丁寧に抜いてください。もしくは背骨の小骨の部分にV字に切り込みを入れて取り除いてもいいです。

皮を引く

出典:Youtube

尻尾の端に包丁を入れて、皮を左手で持って引っ張るようにしながら、皮と身の間にまな板に沿わせるように包丁を入れて、擦るように動かして皮を引いていきます。この時包丁を動かすというより、皮を左右に振るイメージでやると良いでしょう。また、料理によっては皮を引く必要のないものもあります。

キジハタのさばき方を動画でご紹介!

写真でキジハタの3枚おろしをご紹介しましたが、まだよく分からないという人は、こちらの動画を見てみてください。分かりやすく説明されています。動画を見ながらさばくときは、怪我をしないように注意しましょう。

NEXT キジハタ料理をご紹介!!