【くしゃみフェチ】特徴とその心理、くしゃみの魅力と女性側の本音を解説!

くしゃみフェチに対する女性側の意見

RyanMcGuire / Pixabay

好きな男性取っては時これ以上ないご褒美だということはわかりましたが、とはいえその行為をするのは女性自身。これを見られる浴びられるということは、たとえ相手が好きな人であっても抵抗や湧き上がる感情があってしかるべきです。

女性の立場からすれば、こういったフェチはどのように見えるのでしょうか。女性ぐぁの意見についてもまとめていきましょう。

くしゃみフェチな男性へ①恥ずかしいです…

Free-Photos / Pixabay

当然と言っては当然ですが、その姿を見られるのは恥ずかしいと感じる人は多いようです。どれだけ美しい女性であっても、その瞬間は無防備になり目、鼻、口がいつもとは違った表情をして無防備状態になります。

時には緩み切った表情をしたり、変顔をすることもあるでしょう。そんな顔は見られたら恥ずかしいと感じているのです。また、可愛く美しく見せたいからメイクをしているのに、それも崩れる原因の一つにもなります。

aoyonrahman / Pixabay

こういった一面を見られる行為は、いくら男性が認めてくれるからと言ってそうそうに見せたいと思えるものではないようで、多くの女性が恥ずかしく、できれば見てほしくないと感じているようです。

くしゃみフェチな男性へ②実はかわい子ぶっています…

実はかわい子ぶっているという意見もあります。恥ずかしい姿であるのはもちろんですが、どうしても出るのは自然現象です。なので、出ること自体は仕方ありませんが、極力口をふさいで可愛く演出できるようにしてい人は多いようです。

確かに、反対に口を大きく開けて激しい音を出す女性に男性が魅力を感じるかといわれたら疑問を感じるでしょう。そのため、出した後は「くしゃみ出ちゃった」や「花粉症のせいで」といった一言をつけて、少しでも可愛く思われようとするのです。

JillWellington / Pixabay

こういった言い訳を自然と使って、可愛い自分であろうとする女性の可愛らしい一面があることは、女性の専売特許ともいえるでしょう。

くしゃみフェチな男性へ③鼻水は見ないで…

Myriams-Fotos / Pixabay

可愛い言葉でカバーできるレベルであれば問題ありませんが、しかし本格的な花粉に苦しむ時期や風邪でしんどい時のものは、ある心配が付きまとうと言います。それが鼻水問題です。

どんなにバッチリメイクを決めていたとしても、鼻水をたらしていると誰しもそちらに目が奪われていしまいます。また同時に、それだけで終わらず幻滅する、滑稽と感じる人は多いでしょう。もちろん女性自身もそのことには気づいています。

Anemone123 / Pixabay

また、鼻水が垂れた先には決め込んだメイクがあります。当然鼻水のせいでメイクが崩れることは必然のことでしょう。女性にとっては決してメリットはない鼻水なので、大きな音と共にこれが出ている可能性のある時は、あえて見ないふりをしてほしいようです。

くしゃみフェチな男性へ④生理現象

nnoeki / Pixabay

一方で何とも思わない、つまりただの生理現象で所と割り切って考えている人ももちろんいます。恥ずかしい、あるいは少しでも可愛くあろうとするなど気を遣おうとも思わないと感じている女性も多いようです。

そもそも不随意運動と呼ばれるこの現象は、自分で抑止できるものではありません。なので、一度もよおしてしまうとどうしようもないのです。もちろん飛散物がないようにマナーは守りますが、生理現象と割り切ってしかるべきと考える女性も多数いるのです。

くしゃみフェチの人に聞いた!女性のくしゃみが好きな理由

3271136 / Pixabay

女性側の主張はあるものの、それでも好きな男性は一定するいるようです。では、なぜそんな男性たちはこの現象に行為を抱くのでしょうか。男性が好んで仕方がないその理由について詳しく聞いてみました。

くしゃみフェチが語る魅力①表情が可愛い

好きな理由の一つにつらそうな表情が可愛いからという理由があるようです。実は一回の消費エネルギーが約4キロカロリーもあるといわれる現象。100回もすれば一時間泳いだことと同等のカロリー消費が期待できます。

もちろん、これによってダイエットを推奨する訳ではありませんが、意外と体力を使うことがわかるでしょう。そのため、何度も繰り返し行っていると思っている以上に涙目になったり疲れた顔になるものなのです。

pixel2013 / Pixabay

そして、その表情に男性は刺激を感じるのです。少しS気がある人もそうでない人も、そんな辛そうな女性の表情に思わず可愛いと感じ、魅力を感じてしまうようなのです。

NEXT くしゃみフェチが語る魅力②普段とのギャップ