ロニーコールマンの現在は車椅子?食事やトレーニング方法を徹底解説!

そもそもステロイドとは?

日本ではステロイドは治療目的で病院で処方される印象が強いですが、スポーツ選手にとってステロイドとはいったいどのような存在なのでしょうか。そしてどうしてコールマンにステロイド疑惑があがってしまったのでしょうか。

薬としてのステロイド

Pexels / Pixabay

ステロイドとは、副腎(両方の腎臓の上端にあります)から作られる副腎皮質ホルモンの1つです。ステロイドホルモンを薬として使用すると、体の中の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする作用があり、さまざまな疾患の治療に使われています。

副作用も多く、代表的な例を挙げると易感染性、ステロイド骨粗鬆症、ステロイド糖尿病、ステロイド潰瘍、精神症状、緑内障・白内障、血栓症など、生活や将来に長く影響を及ぼすものがあります。

ドーピングとしてのステロイド

qimono / Pixabay

ステロイドとはホルモンということを説明しましたが、ドーピングで使われるステロイドは男性ホルモンです。男性ホルモンであるテストステロンは、男性器の成長や精子を作り出す働きの他に「蛋白同化作用」、すなわち筋肉を増強する作用があります。

ステロイドは長期間使用すればするほど、肝臓にも負担がかかり、深刻な病気を引き起こす可能性もあります。ステロイドは筋肉を増強させるイメージばかりが先行していますが、非常に危険な側面も持っています。

ロニーコールマンの年収

geralt / Pixabay

タイトルホルダーのロニーコールマン、いったいいくら稼いだのでしょうか?そして引退後の現在はどうやって生計を立てているでしょうか?彼は引退後はボディビルの経験を活かして、サプリメント会社を設立。経営は順調のようです。

2019年「歴代ボディビルダー」年収トップ20にランクイン

janjf93 / Pixabay

2007年に現役を引退したコールマンですが、2019年「歴代ボディビルダー」年収トップ20にランクイン!数多のタイトルを取っている彼なので、上位に入っているのは間違いありません。彼はタイトル賞金のほかにも、自社のサプリメント会社の収益が入っています。

ロニーコールマンは4位!

ivanovgood / Pixabay

コールマンの詳細な順位はなんと4位!推定年収は10億円(1千万ドル)です!彼のInstagramには高級車のロロールスロイツや豪邸の写真がアップされており、かなり稼いでいることがうかがい知れます。しかしながら、彼の上に3人もいることも驚きです。

1位はアーノルド・シュワルツェネッガー

qimono / Pixabay

みんなご存じシュワちゃんこと、アーノルド・シュワルツェネッガー氏が堂々の1位となっています。その総資産額なんと30億円(3億ドル)!2位以下を圧倒的に引き離しての優勝です。俳優業に大統領にまで上り詰めたシュワちゃん、圧巻です。

ボディビルダーのお仕事とは

qimono / Pixabay

さて、コールマンのバックボーンをお話してきましたが、ボディビルダーとはどのようなお仕事なのでしょうか。アスレチックスポーツとしてのボディビルは、なんと11世紀のインドにまで遡ることができる、歴史のあるスポーツなのです。

NEXT 黄金時代