ロニーコールマンの現在は車椅子?食事やトレーニング方法を徹底解説!

黄金時代

alles / Pixabay

1940年から1970年はボディビルの「黄金時代」と呼ばれています。トレーニング技術が発達し、出版物やコンテストが増加したからです。その後、ウィーダー兄弟が国際ボディビルダーズ連盟(IFBB)を発足。1965年には第1回のミスター・オリンピアが開催されます。

ポージング

sabinemondestin / Pixabay

ボディビルといえばポージング。競技会では、多くの参加者を選抜する為に最初に規定ポーズで審査します。これを通過した者だけが、自分で選曲した音楽で芸術性を込めたポージングするフリーポーズをすることができます。

ボディビルの選手はみなさん日焼けして肌が輝いている印象ですが、白い肌より黒い肌の方が筋肉の陰影が出るためです。海外のコンテストで認められているカラー(肌に日焼け色を付けるもの)は、日本のコンテストでは禁止されており、その代替策として肌を焼く選手が多くいます。

怪物ロニーコールマンは現在もすごかった!

Free-Photos / Pixabay

いかがでしたか?何度も怪我をしても、手術を繰り返してもトレーニングを続け、50代になっても「現役復帰」と口にするロニーコールマン。彼のストイックさとメンタルの強さは、その肉体に負けず劣らず「怪物」級!彼の活躍を今後も注目していきたいですね。

恵体に関する記事はこちら

ミオスタチンに関する記事はこちら