市橋達也の生い立ちや現在は?リンゼイ・アン・ホーカー殺害事件の判決も

市橋達也は「リンゼイ・アン・ホーカー殺害事件」で無期懲役判決を受けました。両親が医者で裕福な家庭に育ち、自身もエリートの市橋達也が、なぜ犯行におよび2年7カ月もの間、逃走する事態となったのでしょうか。この記事では、市橋達也の生い立ちから現在までを解説します。

この記事をかいた人

オカルト関連や生物関連の記事記事を執筆する意欲にあふれています。よろしくお願いいたします。

市橋達也とは?「リンゼイ・アン・ホーカー殺害事件」の犯人

市橋達也が一体どのような人物なのかと言うと、なんと複数名もの刑事の包囲網をかいくぐり、数年の逃亡生活を続けたことで知られる人物です。そしてこの逃亡生活の中で起こした外国人女性を殺害した事件の犯人だという点も含めて有名となっていきます。

市橋達也の経歴は、医者の両親のもとに生まれ、裕福な家庭の中で将来は医者になるよう期待されていたものの、大学受験に失敗し、夢をあきらめ別の学部のある大学へと進学します。しかし卒業した後も仕事をせずに両親から贈られてくるお金だけを頼りに無気力な生活を続けていました。

cocoparisienne / Pixabay

そして業を煮やした両親にお金を送ることを終わりにすると告げられ、同時に両親のお金で借りていたマンションからも立ち退くように言われます。このような状況の中、彼を有名にする事件が起きることとなります。では次からはこの事件の内容について詳しく触れていきます。

市橋達也の起こした「リンゼイ・アン・ホーカー殺害事件」の概要

stux / Pixabay

ここまで市橋達也の経歴やどのような人物なのか、簡単にではありますが紹介をして行きました。ではここからは市橋達也の名前が悪い意味で広く世に知られることとなった女性を殺害した事件について、この人物がどのように関わっていったのか、その詳細を見ていきます。

被害者のリンゼイ・アン・ホーカーさんは英会話講師

GDJ / Pixabay

では本題に入る前に被害者である女性はどのような人物だったのかについてですが、彼女は日本で英会話を教える学校の教師として勤務していました。そしてこれとは関係なく今回の事件の犯人である市橋達也に個人的にレッスンをしていました。この際の料金は3500円で、両親から贈られるお金のない彼にとっては決して安くはない料金でした。

市橋達也は駅で見かけたこの女性に声をかけて、洗濯機を治したことを覚えていないかと話し始め、女性は知らないと答えてその場を後にしようとしますが、彼はそのまま後を追いかけ話を続けました。

BiljaST / Pixabay

その際には絵の勉強をしていてその為に英語が必要であり、勉強を教えてほしいと話し水だけでももらえませんかと話す彼に女性は水を渡し、勉強を教えることを約束することとなったのです。この時に市橋容疑者は勉強を受けるのと引き換えに自分の電話番号と彼女の似顔絵を描いて渡していました。

個人レッスンで「レッスン代を忘れた」と自宅に誘い込む

ErikaWittlieb / Pixabay

複数回の連絡を取りあい、1回3500円で勉強を受けることに決まるのですが、ここから今回の事件は起きることとなってしまいます。21時ごろにカフェで英語の勉強を受けた後、市橋容疑者は唐突に今回の授業の代金を忘れてしまったと話し、家まで一緒に来てもらいたいといったのです。

このカフェに男性と英会話を教えていた女性がいたことは店に設置されたカメラで分かっており、22時を回りそうな時刻になると市橋達也の住んでいる家のマンションに備え付けられているカメラにも二人の姿がはっきりと映っていたそうです。この事から男性の自宅へと向かって言った事は間違いないことが分かります。

市橋達也のマンションにリンゼイさん監禁の後に殺害

こうして市橋容疑者が英語の授業料を忘れたことから自宅へと向かう事になったのですが、男性は自宅へ彼女を招き入れると態度を豹変させ、床に押し倒してすでに用意していた結束バンドを使って女性を縛って動けなくしたのです。その後彼は女性に対して性的な暴行を行うという最悪の行為を行っています。

この行為の後、市橋達也は外国人女性を監禁する為に風呂場から付けはずしの出来る浴槽を部屋までもってきてその中に女性を入れて16時間その中に入れ続けたのです。その後縛っているのをほどいてほしいと話す女性に対して暴行をするなど卑劣な行動を繰り返していくこととなります。

stevepb / Pixabay

早朝に差し掛かったころ、女性を縛っていた手をようやくほどいた際に女性が逃げようとしたことに逆上した市橋達也は首を締めあげて彼女を殺してしまいます。後の取り調べではこの時には殺す気はなかったとも発言しています。女性を殺した後には交際していた彼女に1週間会う事ができないといった事を連絡しています。

市橋達也はリンゼイさんの遺体を浴槽に埋葬

女性を殺害した後、市橋達也は彼女の死体を隠すために近所のホームセンター内でかなりの量の道具を買っています。しかし購入したものの中にはなぜか苗木が入っているなど用途がよくわからないものもあり、恐らくはこの時点では気が動転していたのではないかとも推察できます。

そしてこれらを家まで運んできた男性は女性を縛り付け閉じ込めていた浴槽をベランダまで運び出し、そしてその場所に勝ってきた大量の土をかぶせて女性の死体を隠そうとしたのです。また、買ってきたものの中に消臭剤が入っていたことから、臭いに関しても対策をしようとしていたことが伺えます。

市橋達也宅に警察が訪問し裸足で逃亡、トイレでセルフ整形へ

NEXT 市橋達也宅に警察が訪問し裸足で逃亡、トイレでセルフ整形へ