日本で起きた未解決事件の真相を考察!殺人から神隠しまで25件紹介

日本では未解決事件が数々存在し、真相がわからないままの事件も多数存在します。殺人や失踪など様々な事件がありますが、この記事では日本で起きた未解決事件のうち25件の真相について考察していきます。中には、現代になって明らかになった新事実も?詳しく紹介します。

この記事をかいた人

さまざまな分野に興味深々。 気になったこと、面白そうなことをどんどん追及してきたいです。

日本で起きた数々の未解決事件!その真相は?

geralt / Pixabay

未解決事件とは、犯人の特定に至っておらず法的な裁きを下せていない事件を指します。中には手口の分かっていないものや、被害者の遺体すら見つかっていないような事件もあります。遺族の方たちがやり場のない感情を抱えていることは、想像に難くありません。

日本で起きた未解決事件の真相とは?【殺人事件】

数ある犯罪史の中でも非道極まりない殺人事件ですが、物証が残されていなかったり、被害者が恨みを買うような人物ではなかったばかりに周囲の怪しい人物を絞り込めなかったりして、犯人特定に至っていない事件も数多くあります。

中には、被害者の遺体をバラバラに損壊したり、一家全員を残忍な手口で殺害しているような残忍な事件もあります。事件発生から時間が経ってしまうとどうしても証拠は少なくなってしまいますが、犯人が特定された暁には然るべき場で裁きが下されることでしょう。

日本で起きた未解決殺人事件①世田谷一家殺害事件

GiselaFotografie / Pixabay

この事件は、2000年の大晦日に世田谷に住んでいる宮澤さん一家全員が自宅で殺害された事件です。現場に残されている痕跡としては、犯人が着ていたと思われる返り血のついた洋服や靴跡、更にはアイスクリームを食べた跡まで残されていました。しかし、これだけの物証がありながら、犯人の特定には至っていません。

宮澤さんは、ある宗教団体の熱心な信者でした。そのため、他国から仕事を装って潜入していたスパイだったのではないか?という説があります。妻と知り合ったのもその宗教団体のセミナーがきっかけでした。所属していた宗教団体とトラブルがあり、その報復として殺害されたのではないかと言われています。

日本で起きた未解決殺人事件②井の頭公園バラバラ殺人事件

Free-Photos / Pixabay

東京吉祥寺にあるデートスポットとしても有名な井の頭公園ですが、1994年には、公園内のごみ箱にバラバラにされた男性の遺体が放棄されるというショッキングな事件が発生しています。死体は指紋の抹消や血抜きが完璧にされており、大型の電動ノコギリで切断された痕跡がありました。

遺体の身元は、公園近くに住む建築家の男性であることがわかっています。遺体発見の前日には、複数男性とトラブルになっている被害者の姿も目撃されています。また、被害者の男性が宗教団体に入っていたことから、そこで何らかのトラブルに巻き込まれ、証拠隠滅のために殺害されたのではないかと言われています。

日本で起きた未解決殺人事件③王将社長射殺事件

Brett_Hondow / Pixabay

全国チェーンを展開する餃子の王将ですが、2013年にその社長が突如殺害されるという衝撃的な事件が発生しました。手口も、日本では珍しい拳銃を使った射殺で、しかも本社前での事件発生という特徴的な内容でしたので、当時の報道を覚えている方も多いのではないでしょうか。

大企業の社長ということで、怨恨の線がましたが、前社長が暴力団に関係する借財を抱えており、その残負債を社長が支払っていたことがわかりました。現場に残されたたばこの吸い殻から暴力団関係者のDNAが見つかったこともあり、トラブルに巻き込まれたのではないかと言われています。

日本で起きた未解決殺人事件④琵琶湖バラバラ殺人事件

T_Murakami / Pixabay

2008年の5月、琵琶湖湖畔で釣りをしていた男性が湖に漂う人間の脚部を発見しました。驚いた男性は県警に通報し、大々的な捜査が行われます。その結果、頭部と脚部、両手首が発見され、それらがすべて同一人物のものであると発覚しました。被害者男性の身元は長らく不明でしたが、10年後の2018年に判明します。

被害者の男性は、当時39歳で特に行方不明者としての捜索願なども出されていませんでした。そのため警察は社会的なつながりが希薄な人物だったのではないかとしています。そのような境遇のため、胴体が発見されていないこともあり臓器を闇売買するために殺されたのではないか、と言われています。

日本で起きた未解決殺人事件⑤名古屋妊婦切り裂き殺人事件

Free-Photos / Pixabay

この事件は、1988年に名古屋在住の臨月の妊婦が自宅マンションで殺害され、遺体を切り裂いた上に電話とキーホルダを詰め込まれたショッキングな事件です。幸いなことに胎児は怪我を負ったものの無事でした。第一発見者は被害者の夫で、帰宅したら赤ん坊の泣き声が聞こえてきたので、妻が病院に間に合わず自宅出産したと思ったそうです。

被害者女性は、殺害される前まで知人女性を自宅に招いていました。その際に、隣の空き部屋に不審な人物が出入りしていることを相談しています。また、証拠隠滅が図られていたこと、猟奇的な犯行の手口から、以前から異常者に目を付けられており、施錠をしていなかった隙をつかれたのではないかと言われています。

日本で起きた未解決事件の真相とは?【誘拐事件】

NEXT 日本で起きた未解決事件の真相とは?【誘拐事件】