【宅間守】付属池田小事件の犯人はサイコパス?生い立ちなどを徹底解説!

宅間守とは8名の児童が殺害された附属池田小事件の犯人です。すでに死刑が執行されていますが、最後まで反省の色を見せませんでした。暴力的な父、育児放棄気味の母に育てられ、凶悪な事件を起こした宅間守の生い立ちや精神状況について徹底解説します。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

宅間守とは

Myriams-Fotos / Pixabay

皆さんはこの人物についご存知でしょうか?この人物は現在から18年前の平成13年に起きてしまった、非常に凄惨でセンセーショナルな悲劇となってしまった附属池田小事件の犯人なのです。日本人の中でトップクラスに入るくらい凶悪犯、殺人鬼と認知されています。

勿論そのセンセーショナルな事件も注目され現在でも、多くの幼気な少年少女が犠牲者となってしまったその痛ましい被害や犯行の惨さが話題となりますが、犯人である殺人鬼のプロフィールやおいたち、人格や人柄についてもクローズアップされ日本人の関心を集めているのです。今回はその犯人がどんな人物であるか徹底的にご紹介していきます。

宅間守の起こした「附属池田小事件」とは

sunilkargwal / Pixabay

まず彼が起こした世間を震撼させたセンセーショナルな事件について、その概要や詳細を解説していきます。彼の名前が凶悪犯、殺人鬼として知れ渡ってしまったのは紛れもなく、凄惨で残虐な犯行に及んで痛ましい悲劇を引き起こした張本人だからなのです。

果たしてどんな凄惨な事件でいつ発生してしまったのか?また犠牲者となってしまったのはどんな人物でどれくらいの犠牲者を生んでしまったのか?逮捕時に言い放った驚愕のセリフについてもそれぞれまとめて記述していきます。

宅間守の起こした事件①2001年附属池田小事件発生

annca / Pixabay

今から18年前の平成13年の6月のある日の午前10時ごろ、男は少し奇抜な恰好で悲劇が起きた舞台となる学校に忍び寄り侵入しました。数名の教員や職員とすれ違ったそうですが、PTAや保護者だと勘違いを起こしたので特に誰も気をかけなかったそうです。そして彼は後者の最東端に位置する2学年のクラスルームにおもむろに入室しました。

幼気で純粋無垢な少年少女たちは男を見ると、鋭い刃物を持っていたので給食スタッフと初めは思ったそうですが、直ぐに違うと察知して担任も『逃げろ』と言い放つと、すぐさまパニックになり一斉に少年少女たちはクラスルームから飛び出しました。慌てて大勢が飛び出したためかつまづき転倒してしまった子もいたのです。

惨劇が起きた

転んでしまった子、逃げ遅れた子たちに対して、男は容赦なく所持していた鋭い刃物を向けて切り刻んだのです。担任も椅子を投げるなどで抵抗しましたが、男は次に隣の西に位置する2学年のクラスルームに駆け寄り入室したのです。そこでも担任は逃げる様に指示した後、自身もクラスルームを飛び出し、逃げ遅れ残った少年少女たちは男に襲われてしまったのです。

更に男は次に南に位置する2学年のクラスルームに侵入しました。ここではなんと既に授業が終了していて担任が不在していたのです。その担任は外で花に水やりをしていましたが、クラスルームにいた少年少女は男に襲われてしまったのです。悲鳴や叫び声が響き渡ったのか職員2名が駆け寄り、男の犯行を阻止すべく格闘しますが、激しく抵抗されその教員1人が刃物によって負傷してしまいます。

ようやく身柄を拘束

2名の教員が犯行を阻止すべく格闘しましたが、男の暴走や犯行は止まらず次に1学年のクラスルームに入室しました、そのクラスルームで花に水やりをしていた担任が男に切り付けられながらも必死に抑えつけようとして、そこに加勢する形で副校長も協力してようやく身柄を拘束して、男の犯行と悲劇に終止符が打たれる事になりました。

今回の記事では事件を引き起こした犯人、死刑囚となり現在は他界している『宅間』にスポットを当ててテーマにしています。こちらでご紹介している事件に関してより詳しい情報や詳細を知りたい方は、時系列ごとにより事細かに記述され、問題視された学校や教員の対応についても深く解説している、こちらの記事も合わせてご覧ください。

宅間守の起こした事件②8名の児童が亡くなった

darksouls1 / Pixabay

男が初めの2学年の最東端に位置するクラスルームでの犯行から、最後に身柄を取り押さえるまでに僅か10分程度の事でしたが、多くの幼気な少年少女たちが殺傷され傷つけられてしまったのです。この凄惨な事件、男の残虐な犯行により8名の幼気な児童の命が奪われてしまいました。

また取り押さえようとした教員や担任2名も負傷し、他10名程度の少年少女たちも怪我を負い被害者となってしまったのです。またあまりに痛々しい凄惨な光景を、1人の男が興奮状態で次々とクラスメイトや同級生たちを斬りつける様子を目の当たりにした他の児童たちも心に大きな怪我や疾患を負い、深い爪痕を残したのです。

宅間守の起こした事件③児童殺害後「しんど。」と発言。現行犯逮捕

Pexels / Pixabay

男は約10分間の間、侵入した学校の校舎内の各クラスルームに入室して、幼気な少年少女たちを所持していた刃物で殺傷して教員2名に取り押さえられましたが、この時自らその所持していた刃物を手放したそうです。

更に男は警察により現行犯逮捕された直後、捨て台詞を吐くように『しんどっ!』と発言したそうです。自身が犯した罪の大きさを自覚していないことが伺えます。多くの幼気な少年少女たちをその手で傷つけた直後に言える言葉でしょうか?どんな心境だった常人にはとても理解できないでしょう。

宅間守の逮捕後の様子とは

200degrees / Pixabay

先ほどの見出しでは彼が引き起こした凄惨なセンセーショナルな無差別殺傷事件の詳細や概要、取り押さえられ現行犯逮捕される様子について解説していきました。幼気な少年少女たちを狙った残虐で卑劣な犯行だけではなく、警察に連行される瞬間に言い放った『しんど』という発言からも、人格や人柄の異常性が垣間見れたはずです。

そんな彼の人格や人柄の異常性がは、上記の様子だけではなく生い立ちや経歴などの過去を遡ってみても、また逮捕された後も見受けられたのです。ここではまずは逮捕された後のエピソードや言動について解説していきます。彼は逮捕された後も一切反省する事なく、謝罪の意を見せず驚くべき行動を繰り返したのです。

宅間守は逮捕後、異常な行動をくり返す

NEXT 宅間守は逮捕後、異常な行動をくり返す