ムター博物館(ホラー博物館)展示の見どころを紹介!グロきもグッズも

ムター博物館では死体や標本も見放題!

そしてそんな数々の展示物なのですが、すべて何の規制がかかることもなく見放題なのです。医療に携わっている方には見慣れたものかも知れませんが、一般人には少し抵抗があります。このようなことからホラー博物館と呼ばれるようになりました。

5つのセクションから構成されるムター博物館!詳しく紹介!

ムター博物館の中は広く、5つのセクションに分けられています。医学的な知識がなくとも見て回りやすいようになっており、興味のあるジャンルのセクションに一直線に行くことができます。ではどのようなセクションがあるのか紹介していきます。

ムター博物館のコレクション①ホルマリン漬け

まず医学的な展示物で一番に思い浮かぶのがこれではないでしょうか?ここでは数多くのホルマリン漬けが展示されており、種類もさざまです。他では見ることのない体の箇所のものもあり、学生たちの研究対象にもってこいです。

ムター博物館のコレクション②骨標本

そして医学に携わっていない人たちが、ここに来て一番驚くのが骨の標本の数です。想像している骸骨の標本はもちろん、それ以外にも各箇所に分かれ詳しく標本されています。こちらも医学生にとってはいい研究対象になっているようです。

ムター博物館のコレクション③人体模型

一般人にとって一番身近な医学的展示物は人体模型ではないでしょうか?学校の理科室にあったなんてかたも少なくはないはずです。しかしここで見られる人体模型はもっと細かく、また色々な箇所の模型もあるので、人体の構造が一目でわかります。

ムター博物館のコレクション④医療器具(ロボトミー手術器具等)

geudki / Pixabay

そして医学に欠かせないのが手術の際などに使われる医療器具です。鉗子やメスなどですね。実際に過去の手術に使われていたものがあるのはもちろん、過去の医療器具を見ることで、医療器具の進化も目で確認することもできます。

またロボトミー手術に使われていた医療器具も展示されています。ロボトミー手術とは精神疾患に対して外科手術を行うもので、その内容は前頭葉など大脳の一部を切除するといったもので、日本では事件に発展するほど問題があった手術のことです。

ムター博物館のコレクション⑤その他

その他には、実際に現在まで保存されているミイラの展示や手術中や患者の経過が写った医療的な写真も展示されており、医学に詳しくない方でも医学の発展などについて考えさせられるものがたくさんあるので、楽しめるかと思います。

ムター博物館の見どころを徹底紹介!見逃せない展示とは?!

大まかなセクションはこのようになりますが、展示されているものの中でもこれだけは見逃せないものや、展示名を見るだけで興味がそそられるものを、いくつか紹介させていただきます。それではご覧ください。

NEXT ムター博物館の見どころ①「アインシュタインの脳」