「いなりが入ってないやん」の元ネタや意味と使い方まとめ!登場動画は?

「いなりが入ってないやん」とは淫夢系ネタの1つで、関西クレーマーの台詞です。「いなりが入ってないやん。どうすんのこれ(憤怒)」から始まる怒涛の関西弁で配達人を追い詰めます。今回は「いなりが入ってないやん」の元ネタや意味とその使い方などをまとめました。

この記事をかいた人

趣味は散歩です。筋肉痛になるのが好きです。

「いなりが入ってないやん」とは?淫夢系ネタの一つ!

「いなりが入ってないやん」という名言をご存知でしょうか。知っているという人はかなりヘビーなネットユーザーです。なぜならこの言葉は「淫夢民」と呼ばれるネットユーザーが好んで使用する「淫夢語録」というネットスラングだからです。

「いなりが入ってないやん」は淫夢系ネタの1つ

Claudio_Scott / Pixabay

「淫夢」とは、コートコーポレーションという会社によって制作されたゲイビデオシリーズを元ネタとする人物や台詞の総称で、多用するネットユーザーは「淫夢民」や「淫夢厨」と呼ばれます。「系」と表現した理由は、この言葉の元ネタが厳密にいうところの淫夢シリーズの作品ではないからです。

純正淫夢ネタについて気になる方はこちらをどうぞ。

「いなりが入ってないやん」は関西クレーマーのセリフ

Ashish_Choudhary / Pixabay

あるゲイビデオシリーズ作品に登場する「関西クレーマー」と呼ばれる男優の台詞です。一見そういったジャンルとの親和性が大変低そうに思える言葉ですが、どのような場面で誰に向けて発言されたのか下で詳しく説明しています。

「いなりが入ってないやん」の元ネタは?登場シーンも紹介

ijmaki / Pixabay

元ネタはKOカンパニーという企業によって制作された『職場淫猥白書』という題名のシリーズ作品です。登場回や登場シーンについて、下で詳しくご説明します。

元ネタは『職場淫猥白書13』の『寿司職人見習い編』

DesignNPrint / Pixabay

寿司の配達に行った職人見習いが、途中でお腹が空いて商品のいなり寿司を横領してしまい、そのことが客にばれて責任を取らされる形で様々な奉仕をさせられる。このようなストーリーの作品がこの言葉の元ネタです。

「いなりが入ってないやん」の登場シーン

上の動画が登場シーンで、商品のいなりを横領してしまったことが客にばれる場面です。普通に考えたらおかしいと思うことが多く発生するのが「淫夢」と呼ばれる作品の特徴です。この動画の続きは様々な奉仕の場面のため割愛させていただきます。

元ネタ『職場淫猥白書13』の全容!

BUMIPUTRA_ROCKERS / Pixabay

KOカンパニーが制作した『職場淫猥白書13』は、2011年12月に発売されたDVD版のゲイビデオです。『寿司職人見習い編』を含む全5話が収録されています。その全容をここで簡単にご紹介します。興味のある方は動画の方も調べてご覧になってみてはいかがでしょうか。

『職場淫猥白書』は名前の通り職場での様々な出来事が収録されている

rawpixel / Pixabay

このシリーズは名前の通り、職場で巻き起こる様々な出来事が収録されています。『13』は『寿司職人見習い編』を含む『建設業編』、『本買い取り専門店編』、『研修医編』、『酒屋編』の全5編からなっており、ミスや休暇、取引先といったバリエーション豊かな場面設定が大きな魅力です。

「いなりが入ってないやん」の意味や使い方!日常的に使える?

NEXT 「いなりが入ってないやん」の意味や使い方!日常的に使える?